TOP>データ仮想化ツールの「TIBCO Data Virtualization」で実現!データドリブンを促進するデータサービスプラットフォームとは?

データ仮想化ツールの「TIBCO Data Virtualization」で実現!データドリブンを促進するデータサービスプラットフォームとは?

株式会社アシスト 新製品発表ウェビナー のご案内 | 参加費無料(事前登録制)

データ仮想化ツール「TIBCO Data Virtualization」で実現!データドリブンを促進するデータサービスプラットフォームとは?


このたび株式会社アシストでは、データ仮想化ツール「TIBCO Data Virtualization」の販売を開始いたします。

TIBCO Data Virtualizationは、ユーザーが欲しいデータを仮想的に統合して迅速に提供しつつ、きめ細かなセキュリティ設定によりガバナンスを担保できるため、企業全体におけるデータ活用を支援します。

データ提供者にとっては迅速にデータを提供する手段を、データ利用者にとっては企業のあらゆるデータを容易に取得できる手段を一元的に提供するため、お客様のデータドリブン(データにもとづき業務を推進していく活動)への取り組みを促進します。

本ウェビナーでは、昨今データ仮想化が注目されている背景や、TIBCO Data Virtualizationの特長と活用方法について事例をとおしてご紹介します。

ご挨拶

田畑 哲也

株式会社アシスト
執行役員
DX推進技術本部長
田畑 哲也

アシストでは「データドリブンを日常に」をスローガンに、お客様のデジタルエンタープライズ企業への変革をご支援しております。

データドリブンの実践にあたっては、利用者が「欲しい」データを「迅速」に届けられるようにデータと利用者を素早くつなげていくことが鍵となりますが、データの所在や統合はどうしていくのがよいか、いかにしてスピーディに安全にデータを提供していくのか、ジレンマをお持ちのお客様も増えていらっしゃることと思います。

このようなデータ活用の課題にアプローチできる手法として、従来の物理的なデータ統合手法に加えて「データの仮想化」に大きな期待が寄せられています。

このたびTIBCO Data Virtualizationによってデータ資産を最大限に活用するための新たなソリューションをご提供できる運びとなりましたので、皆様のDX推進のパートナーとして引き続きお手伝いをさせていただければと存じます。

このような課題をお持ちの方におすすめです

DXの推進やデータドリブン経営の実現に向けて、このようなデータの課題をお持ちの方におすすめのセミナーとなっております。

1.データを活用したくても、データが利用できる状態で準備されていない

・システムがサイロ化し、どこにどのデータがあるのかデータ資産の全体像がわからなくなっている
・ほしいデータを収集するにはIT部門に抽出を依頼しなければならず、手間と時間がかかってしまう
・リアルタイムにデータを得られず、分析や意思決定に遅延が生じている


2.データ量とデータソースの増加に、従来の方法では対応しきれない

・データウェアハウスやデータマートにデータを集約する手法では、追いつけなくなってきている
・増大し続けるデータに対して、物理的なデータ統合が限界を迎えている
・新しいデータソースのデータを分析したくても、データの取り込みの方法が決まるまで待たなくてはいけない


3.データドリブンの進化やデジタル戦略に、ガバナンスが間に合わない

・データの民主化にともなってデータの解放が進むなか、アクセス制御や漏洩、不適使用のリスク回避が課題に
・事業のデジタル戦略を推進するうえで、高度なデータ分析とガバナンス担保の両立がさらに重要になっている

プログラム

9:30
|
10:00

受け付け開始

お申し込み時にご案内したメールに記載されているZoomのURLへアクセスし、ご参加ください。

 
10:00
|
10:20

企業のデータ活用を加速させるカギを握る「データ仮想化」とは

データドリブンの実現に向け、AIやBIなどデータ活用の取り組みが社内で推進される中、従来のデータレイクやデータウェアハウスといったデータの物理的な統合だけでなく、仮想的にデータを統合する「データ仮想化」手法が昨今注目されています。 本セッションでは、仮想統合が求められる背景とともに、データの物理統合と仮想統合それぞれの手法に応じた適用シーンをご説明いたします。

田中 貴之

株式会社アシスト
DX推進技術本部
デジタル推進技術統括部
DI技術部 部長
田中 貴之

 
10:20
|
10:40

データ仮想化ツール「TIBCO Data Virtualization」とは

本セッションでは、「TIBCO Data Virtualization」が提供する機能や特長をご紹介するとともに、企業が取り組まれている「DXの推進」「データ活用」「クラウドリフト&クラウドシフト」「脱サイロ化」といったテーマをTIBCO Data Virtualizationでどのようにご支援できるのかを解説いたします。

株式会社アシスト
DX推進技術本部
デジタル推進技術統括部
DI技術部 主任
中村 遼平

 
10:40
|
10:55

導入事例に学ぶ、TIBCO Data Virtualization 活用術

本セッションでは、TIBCO Data Virtualizationをご活用されているお客様が導入前にどのような課題を持ち本製品の導入に至ったのかをご紹介するとともに、お客様のデータドリブンへの取り組みに対して「データ仮想化」がどのような効果をもたらしているのかを、事例をとおして解説いたします。

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
TIBCO事業
シニアコンサルタント
池田 義幸 氏

開催概要

名称
データ仮想化ツール「TIBCO Data Virtualization」で実現!
データドリブンを促進するデータサービスプラットフォームとは?
日時
2022年8月3日(水) 10:00 ~ 11:00
対象者
  • DX実現のためデータドリブンに取り組まれている企業様
  • 社内のデータ活用に向け、分析に必要なデータを迅速に提供・取得される仕組みをつくりたい企業様
  • クラウドリフト&シフトによって社内のデータがオンプレミスやクラウドに点在している中、社内のデータ資産を最大限に活用されたい企業様
  • データのサイロ化を解消し、システム部門やユーザー部門の負担を軽減しながらデータ活用を促進されたい企業様
開催方法
ウェビナー(オンライン開催)
参加費用
無料(事前申込制)
申し込み方法
申し込みページへ
注意事項
  • 競合他社様・個人でのご参加は、お断りすることがございますのでご了承ください。
  • 本ウェビナーではZoomを利用します。
  • PCからの視聴の場合、Zoomは最新版のバージョンでのご視聴をお願いいたします。(最新版ではない場合、ご視聴できない可能性がございます。)
  • 本ウェビナーの録画、録音、撮影については固くお断りいたします。
  • 講演内容/講演者は予告なく変更になる場合がありますのでご了承ください。最新の情報は本ページに掲載いたします。
主催
株式会社アシスト

※ 今回ご提供いただく個人情報は、アシストグループの個人情報保護方針に基づき厳重に管理します。
※ アシストグループ個人情報保護方針: https://www.ashisuto.co.jp/privacy/
※ セッション資料は、開催後のアンケートにご回答くださった方にご提供します。

お問い合わせ

本ウェビナーに関してご不明な点は、以下のフォームからお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る