1. データベースへのログインと画面の構成
2. テーブルの全データをExcelに取り込む
3. 検索条件を指定する
4. 作業状態を保存する
1. 複数のテーブルを結合する (JOIN)
2. データの更新を行う (UPDATE)
3. データの追加を行う (INSERT)
4. スクリプトを作成する
1. クロス集計を行う
2. SQL文を直接入力して実行する
3. プレビュー機能を活用する
4. 入力補助機能を利用する
画面イメージをクリックすると、別ウィンドウで動画チュートリアルが再生されます。


入門編 - 1. データベースへのログインと画面の構成
データベースサーバへのログイン方法から、KeySQLのメイン画面構成までを説明しています。
これからKeySQLを使いはじめようという方は、まずこちらをご覧ください。


入門編 - 2. テーブルの全データをExcelに取り込む
検索操作の基本として、EMP表の全データをExcelに貼り付ける手順を説明しています。
SQL文で表すと「SELECT * FROM EMP」です。


入門編 - 3. 検索条件を指定する
「JOBがSALESMAN」で「SALが1000以上1500以下」という検索条件を設定する手順と、
検索結果を簡単に確認できる「検索プレビュー」の使い方を説明しています。


入門編 - 4. 作業状態を保存する
設定した作業状態を「KeySQLワークスペースファイル」に保存する手順を説明しています。
一度保存しておけば、ファイルを読み込むだけでいつでも同じ条件で検索が行えます。
▲ページの先頭へ戻る


日常編 - 1. 複数のテーブルを結合する (JOIN)
検索項目を複数の表からを選択する場合の、表同士の関連付け手順を説明しています。
複雑な表結合条件も、自由に設定可能です。


日常編 - 2. データの更新を行う (UPDATE)
EMP表のデータをExcelのワークシートに取り込み、ALLENの「SAL」と「COMM」の額を編集して
データベースを更新する手順を説明しています。


日常編 - 3. データの追加を行う (INSERT)
DEPT表のデータをExcelのワークシートに取り込み、新規部門データを2件追加して
データベースに追加する手順を説明しています。


日常編 - 4. スクリプトを作成する
KeySQLの「スクリプト自動生成機能」を使用して、KeySQLのアプリを起動することなく、
ダブルクリックだけでExcelにデータを貼り付けるスクリプトを作成する手順を説明しています。
▲ページの先頭へ戻る


機能編 - 1. クロス集計を行う
「クロス集計」機能を使用して、売上データを分析する手順を説明しています。
クロス集計を行うことで、単純集計ではわからなかったデータの傾向を把握できます。


機能編 - 2. SQL文を直接入力して実行する
GUIで検索条件を設定するのではなく、SQL文を直接入力して実行する手順を説明しています。
SELECT文だけでなく、DDL文(CREATE・ALTER等)も実行可能です。


機能編 - 3. プレビュー機能を活用する
検索結果やテーブル内容を参照する以外にも、ドラック&ドロップで検索条件を一発設定したり、
「エディットモード」からデータ更新を行うといったプレビュー機能の活用方法を説明しています。


機能編 - 4. 入力補完機能を利用する
SQLの記述を支援する入力補助機能の利用手順を説明しています。
テーブル名や関数を記述する際、手間を軽減できます。
▲ページの先頭へ戻る
Adobe Flash Player をダウンロード 動画が再生できない場合は、左のバナーをクリックしてFlashのプラグインをインストールしてください。