TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>BI(レポーティング/分析)>Qlik Sense>製品情報>コラム

Qlik Sense

コラム

日本で唯一のQlik Luminary(エバンジェリスト)執筆コラム

米Qlik社が指名するエバンジェリスト「Qlik Luminary 2016」に、日本人として唯一選出された花井正樹が執筆したコラムをご紹介します。BIのトレンドや顧客成功事例などを広い視野にて執筆しています。

徹底解剖 セルフサービスBIとは何か?

ユーザー部門がIT部門に頼らず、自らの手でデータを分析したり、レポートを作成したりする「セルフサービスBI」が注目を集めています。セルフサービスBIが登場した背景や、ユーザー部門にとっての魅力、IT部門から見た課題などについて解説していきます。(全3回)

(2016年1月~4月)

「Where」の分析に威力を発揮する QlikView + GeoQlik

QlikViewは、スウェーデンで創業、現在はアメリカ・ペンシルバニア州を本社として世界展開するクリックテック社が提供しているBIツールです。このQlikViewに対し、「『Where(どこ)』の分析に強くなる」拡張機能として登場したのがGeoQlikになります。今回はQlikViewとGeoQlikで発揮する「Where」の分析についてご紹介します。

(2015年8月)

現場のアクションにつながるデータ・イネーブルメントとは
~次世代におけるデータ活用の理想的な姿~

データ活用のニーズが高まり、レポートをただ見るだけでなく、そのデータを現場のアクションにつなげている企業がここ数年で急激に増えてきました。IT部門が適切なデータ・ガバナンスを実現しつつ、ビジネス現場のユーザがBIツールを使って素早くデータを分析し、アクションを起こす・・・これはデータ活用の理想的な姿と言えるでしょう。

(2015年5月)

今、「データ・ディスカバリ」がおもしろい
~ビジネス・インテリジェンスの潮目が変わる~

近年、「データ・ディスカバリ」ベンダーの登場により活性化しているビジネス・インテリジェンス市場。企業における「データ・ディスカバリ」ツールの導入も急激に増えつつあり、BIベンダー間のパワー・バランスにも変化が生じているようです。そもそも「データ・ディスカバリ」とは何なのか? 従来のビジネス・インテリジェンスとは何が違うのか?そしてIT部門はどう関わるべきなのか?「データ・ディスカバリ」を紐解くことで、皆様の情報活用の一助になれば幸いです。

(2013年7月)

執筆者紹介

花井 正樹(Masaki Hanai)

花井 正樹

株式会社アシスト 情報基盤事業部 製品統括部2部 部長(Qlik Luminary)

1996年、アシスト入社。BI/DWHのフィールド・サポート業務を経験後、BI製品の品質管理業務に従事。SFAコンサルタントとして活動した後、「Qlik」ビジネスの立ち上げに参画。米Qlik社が指名するエバンジェリスト「Qlik Luminary」に日本人として唯一、3年連続で選出され、執筆・講演活動を通じてBIのトレンドや顧客成功事例を発信している。ゴルフ&フィットネスがマイブーム。


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る