TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データモデリング>データモデリングサービス

データモデリングサービス

アシストのデータモデリングサービスは、経営資源たる企業データをビジネス視点でモデル化し、同時にそのノウハウをお客様に習得して頂くスキルトランスファー型のサービスです。

なぜ、データモデリングなのか

データのスパゲッティ構造

多くのITシステムが、ある部門や特定の業務に最適な構造、つまり部分最適となっています。その結果、全体でみると各システムが乱雑に入り乱れたスパゲティ構造となり、運用がIT部門の悩みの種となってしまいます。とりわけデータのスラム化は深刻で、同じ意味合いのデータが名前を変え、属性を変え、あらゆるところに潜んでいます。これではせっかく蓄積した企業データを経営に十分に活かすことが期待できません。

経営環境の変化が加速する現在においては、第一に対応スピードが求められます。そして経営を支えるITシステムの中核がデータベースシステムであり、データモデルであるのは疑いのない事実です。

しかし、ITシステムの開発は中核であるはずのデータではなく、アプリケーション仕様を中心に進められることが多く、カットオーバーまでのスピードに対応するのが限度です。開発生産性を求めるあまり、現状のビジネスにすら対応していないデータモデルも存在します。これでは、ビジネス環境が変更する都度、システム再構築となりかねず、変化対応力のある強いITシステムとはなりえません。

変化に柔軟に対応出来る情報基盤

アシストのデータモデリング

ビジネスの変化に強い、真の「使える」データベース構造

アシスト独自のデータモデリング技法は、企業が存続する限り管理しなければならないデータ群を「重複のない」、「メンテナンスの容易な」、「安定したデータ構造」に整理/調節することで、全体最適で変化に対して柔軟性のある情報基盤を構築することができます。

データモデリングには「概念データモデリング」、「論理データモデリング」、「物理データモデリング」の工程があります。概念データモデリングは企業にとって管理対象となるデータを捕捉すること(知る)、論理データモデリングは業務で利用するデータを整理すること(使う)、物理データモデリングは保守/運用や性能等のシステム要件を考慮して実際に動く形に調節すること(動かす)が目的です。これらの工程を経て、本当の意味で「使える」データベースが完成します。

アシストのデータモデリング


データモデリングの方法論

概念データモデリング

企業として永続的に管理しなければならない、経営資源としてのデータを捕捉します。本来あるべき、目指すべきデータベース構造を示す青写真となります。

概念データモデリング


論理データモデリング

ヌケ・モレ、ダブりなく、属人化のない、ビジネスに対応したデータモデルを設計します。業務要求を確認する際のユーザとのコミュニケーションツールとしても利用することができます。

論理データモデリング


物理データモデリング

保守・運用要件や性能要件等を満たすデータモデルを設計します。開発を外部委託した場合、品質検証の枠組みとすることができます。

物理データモデリング



データモデリングサービスの進め方

データモデリングサービスの進め方

  • 1週間に1回の訪問
  • お客様が課題を実施
  • 訪問日に、両社でレビューを実施
  • 次回までに課題を設定し終了

期待効果

  • データモデリングのスキルが残る
  • ビジネスを可視化した論理ERモデルが作成できる
  • 処理効率を意識した物理データモデルが作成できる

期待効果


データモデリングサービスの成果物

データモデリングサービスでは概念、論理、物理レベルでの各ERモデルに加え、データの品質維持やデータベースの保守・運用に寄与するドキュメント類も成果物とすることができます。

主要成果物 概要 利用目的 作成フェーズ
概念ERモデル 企業全体、もしくは業務領域全体で管理すべき資源や事象を捉えたデータモデル データの視点からビジネスの全体像を捉え、業務機能や業務ルールを理解する。 概念データモデリング
アトリビュートリスト 管理すべきデータ項目の一覧 管理対象データのアトリビュートを捕捉する。 概念データモデリング
コード定義書 管理対象データを識別するコードの定義書 データ品質を維持・向上する。 概念データモデリング
標準用語定義書 論理モデル、物理モデルにおいて使用する用語の定義書 データ品質を維持・向上し、開発・保守時やデータ活用時の生産性を向上する。 論理データモデリング
ドメイン定義書 データ型や属性に関する適用ルールの定義書 データ品質を維持・向上し、開発・保守時やデータ活用時の生産性を向上する。 論理データモデリング
論理ERモデル ビジネス視点でデータ項目をヌケ・モレなく整理したデータモデル 正規化ルールに則り、かつビジネス視点で整理されたデータモデルを定義する。 論理データモデリング
CRUDマトリクス データと処理の相関をシステム全体として捉えたマトリクス図 データライフサイクルを理解し、全体最適の視点で処理効率を検討する。 物理データモデリング
論理I/O試算表 システムのボトルネック候補の処理効率を定量的に評価した試算表 保守・運用・性能要件を維持し続けるための予防的施策を検討する。 物理データモデリング
物理ERモデル 運用・保守・性能などを考慮し、ITの観点から調節したデータモデル データ利用者、保守・運用担当者の要求を満たすデータベースを構築する。 物理データモデリング

成果物イメージ

成果物サンプル



お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る