TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース 企画/設計>データモデリングサービス

データモデリングサービス

データモデリングサービスは、データ活用の企画とデータ活用基盤の設計をご支援するサービスの総称です。データ活用に必要なIT投資の最適化には、概念データモデリングが役立ちます。また、安定したデータ構造を持つデータ設計や、データの資産化には、論理データモデリングが有効です。

「データモデリングサービス」とは

ビジネスにおけるデータ活用までの流れ


「データモデリングサービス」は、データ活用企業になるために必要なデータ活用基盤構築を企画の準備フェーズから支援するサービスです。

企業の管理対象データ(業務とヒト・モノ・カネ)を捕捉し、全社レベルでモデル化する「概念データモデリング」は、IT投資の最適化に役立ちます。

また、アシスト独自のモデリング手法を用いて詳細データを整理・体系化する「論理データモデリング」は、安定したデータ構造を持ったデータ活用基盤の設計を支援します。


データを基に企画することの合理性

データ

どんなシステムも突き詰めて考えれば、データを「登録する」ことと「利用する」ことの2つしかありません。

1つのデータという事実に対し、その登録方法や利用方法の手段が複数あることが一般的です。例えば、顧客情報を例にあげると、営業マンがお客様を訪問した際の訪問ログにある顧客情報、発注書に記載される顧客情報、サポートセンターに問い合わせが入った際の顧客情報など、各イベントで顧客情報が発生しますが、本質的には、顧客情報というデータは企業内に1つだけで良いはずです。

システム機能の観点からIT投資要求を整理しようとすると、1つのデータに対して登録や利用のシステム的な手段がいくつも存在するため、複数の手段の中からIT投資要求を整理しなければなりません。

しかし、データ側から考えるとシステムという手段は複数でも、データという器は1つなので、優先順位をつける必要も整理する必要もありません。同じデータがあれば、整理して統合を検討すればよいだけです。

企画をデータから考える合理性がここにあります。


IT企画部門として持っておくべきもの

航海

IT企画部門は、ビジネス戦略からIT戦略を企画し、IT投資対象を決定する部門です。企画、決定には企業活動を俯瞰できるツールが必要です。

船が航海に出る時、海図を持たずに出港するでしょうか。概念データモデルは企業活動における海図のような役割を果たすものです。立案したIT企画がどの範囲のもので、別のビジネス戦略や他の企画、マネジメントとどんな位置関係にあるのかを把握するのにも役立ちます。

概念データモデルは業務プロセスに基づいて作成されます。「何をする」という機能の観点から定義付けられた業務プロセスは、ビジネス環境内外の要因からの影響を受けにくく、変化しにくい要素です。変化しにくい要素で作成された概念データモデルは長期間利用でき、航海時の海図のような役割を果たしてくれます。

概念データモデル作成に必要な業務プロセスの洗い出しでは、業務プロセスとその業務を支えるデータの洗い出しの他、戦略の課題化も必要です。そのため、この段階から経営層の参画が求められます。アシストはファシリテーターとして参加者の議論を支援します。

詳しくは「概念データモデル 」をご覧ください。


データ活用基盤整備はCIOのミッション

社会インフラ

鉄道や高速道路などの社会基盤は、ある特定の輸送目的のために存在しているのではなく、様々な経済活動や文化活動を支えるために存在しています。これらは一過性のものではなく、継続利用され、必要に応じて計画的に拡張もされます。

データ活用基盤も同様です。業務の様々なデータ活用要求を下支えし、長期的に安心して使え、必要な拡張ができなければいけません。

社会基盤と同様に、データ活用基盤もすぐに効果が表れるものではありません。一過性のプロジェクトの責任者に任せるのではなく、CIO(Chief Information Officer)の責任で管理すべきものです。近年はデジタル・トランスフォーメーション(DX)の流れに伴い、CDO(Chief Digital OfficerもしくはChief Data Officer)を任命し、データ活用基盤の整備を任せる企業も出てきました。

データ活用基盤は論理データモデルを基に作成されるので、その品質が重要になります。「論理データモデリングサービス」はお客様のプロジェクトに参画し、お客様自身が論理データモデリングを実施するための技術移転と、データモデルの品質管理を支援します。詳しくは「論理データモデル 」をご覧ください。


データモデリングは誰でも習得可能

研修

データ活用基盤の良し悪しは、論理データモデルの品質によって決まります。

データモデリングは古くからある技術であるにも関わらず、正しい理解がされているとは言えません。企業によってその取り組みに差があり、同一企業内においても、設計者によってその品質に差が出ます。

しかし、データモデリングは正しい訓練さえ行えば、誰にでも習得可能な技術です。特別な経験や高い専門知識も必要ありません。

アシストは、実際に様々なお客様のプロジェクトに参画した経験をノウハウとしてまとめ「データベース設計研修」として提供しています。

詳しくは「データベース設計研修 」をご覧ください。


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る