TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データ・プレパレーション>Paxata>事例

Paxata

データ分析にかかる全作業のうち、80%がデータ準備に費やされていると言われています。Paxata(パクサタ)が提供するデータ・プレパレーションは、HadoopやSparkの最新技術を取り入れた分散コンピューティング、機械学習、インメモリ技術をベースとした革新的なテクノロジーですばやくデータを準備し、企業のデータ活用を支援します。ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのビジネスチャレンジに求められるデータ準備をまったく新しい考え方で実現します。

全世界に50社を超える導入実績

Paxataは、ワールドワイドで50社を超える企業に導入されており、多種多様な業界で活用されています。
継続率は98%を誇り、企業に不可欠なデータ・プレパレーション・プラットフォームとして、エンタープライズレベルのデータ分析を支えています。

18ヶ月かかると見込んだ大量のクレジットカード利用履歴データの
加工処理をPaxataを使用して内製化することで工数とコストを大幅に削減
----(金融業)

マーケティング部門で管理する150MB以上のExcelの顧客マスタと
DWH内の販売実績情報をPaxata上で結合し、新規製品のターゲット顧客を選定
----(通信機器メーカ)

ユーザがクラウドサービス上にて入力した際の内容の不一致を
Paxataで特定し、統一された値へ変換して顧客分析に利用
----(不動産業)

Hadoop、SQL Server、Teradataに格納されたデータの結合・加工に8週間かかって
いたところを、Paxataで加工・提供することで最新のデータを逐次提供可能に
-----(精密機器製造業)

◎代表的なユーザ企業(抜粋)

Paxata企業ロゴ画像

データ・プレパレーションの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る