TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データ・プレパレーション>Paxata>Paxata Cloud

Paxata

データ分析にかかる全作業のうち、80%がデータ準備に費やされていると言われています。Paxata(パクサタ)が提供するデータ・プレパレーションは、HadoopやSparkの最新技術を取り入れた分散コンピューティング、機械学習、インメモリ技術をベースとした革新的なテクノロジーですばやくデータを準備し、企業のデータ活用を支援します。ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのビジネスチャレンジに求められるデータ準備をまったく新しい考え方で実現します。

Paxata Cloudとは

paxata_cloud

Paxata Cloudは、データ・プレパレーションの機能をクラウド上でご利用いただける SaaS型サービスです。

お客様はWebブラウザがあればいつでもPaxataのご利用を開始でき、分析や予測に必要なデータをすぐに準備できるようになります。

  • Paxata Cloudの正式サービス名称は、「Paxata Cloud Powered by アシスト」です。

Paxata Cloud 5つの特長

1.いつでもすぐにPaxataの利用をスタート!スピーディにデータ準備を始められます。

icon_figure_01


お申込み後はすぐにPaxata Cloudにアクセスして、データ・プレパレーション・プラットフォームを活用したデータ準備に取り掛かることができます。

2.Hadoop/Spark環境の構築はお任せ!インフラ設計や保守運用も不要です。

icon_figure_02


自社にHadoop/Spark環境をお持ちでなくても、またHadoop/Sparkの高いITスキルを保有する技術者がいなくても、Paxata Cloudならインフラを設計・管理することなく、Hadoop/Sparkの最新技術を取り入れた分散コンピューティング環境を利用できます。

3.スタートに必要なIT環境は「Webブラウザ」のみ!

icon_figure_03


ユーザはWebブラウザがあれば、Paxata Cloudにデータをアップロードできます。データサイエンティストやデータエンジニアのような高度なITスキルを習得しなくても、使い慣れたスプレッドシート上で必要なデータを準備できます。

4.拡張性もバッチリ!データ量に応じてモデルを選択。オンプレミスへの移行もできます。

icon_figure_04


たとえばチームや部門でスモールスタートした後、データボリュームの増加に応じて上位モデルへの移行もできます。複数部門や全社のデータ基盤として利用を拡大される際には、オンプレミス環境へのライセンス移行も可能です。

5.初期コストを低減!

icon_figure_05


インフラ整備やソフトウェア購入が不要なため、膨らみがちな初期コストを抑えてPaxata Cloudをご利用いただけます。

3つのご利用プラン

Paxata Cloudは、データ量にあわせて3つのプランをご用意しています。

プラン     データ件数(上限)     価格(1年)
S       100万件     360万円
M      1,000万件    1,080万円
L        1億件    3,240万円
  • 1契約あたり20万円の初期費用がかかります。
  • 各プランともに列数の上限は500列です。
  • データ件数は、Paxata Cloud上での最大処理件数です。
  • ユーザ数は、無制限です。
  • 契約期間は、1年単位です。

システム要件

ご準備いただくIT環境は、クライアント端末のWebブラウザのみです。

<対応Webブラウザ>

Mozilla Firefox Extended Support Release (ESR) 45.5.1 for Mac and Windows
Google Chrome 55.0.2883.75 m for Mac and Windows

システムイメージ

クライアント端末のWebブラウザから、インターネット(https)経由でAWS上に構築されたPaxata Cloudへアクセスしてご利用いただけます。

Paxata_cloud_image

サービス開始までの流れ

Paxata_step


Paxata Cloud上で使用するデータ量に応じたモデルを選択します。データ件数は、Paxata Cloud上での同時処理件数となります。

お申込書やご利用規約など必要書類にご記入の上、お申込みいただきます。


AWS上にお客様用の環境設定を行います。

環境が整いましたら、ご連絡いたします。アシストのサポートセンターをご利用いただくためのサポートIDも発行します。

Paxata Cloudのご利用を開始いただけます。お問合せはアシストのサポートセンターをご活用ください。


サポート

Paxata Cloudに関するお問い合わせは、オンプレミス版のPaxataのご利用と同じく、全てアシストサポートセンターが窓口として対応します。

アシストはAmazon Web Servicesパートナー制度における「APNスタンダードコンサルティングパートナー」認定を取得しており、お客様が安心してクラウド環境を検討し、選定することをご支援します。

ご利用モデルケース

Paxata Cloudのご利用例をご紹介します。

1.【経営企画部門】月次の経営レポート(Excel集計)をもっとすばやく簡単に作成したい!

○財務/販売/人事などの経営情報をExcelで集計して、毎月経営レポートを作成。
○Excelごとにフォーマットが異なるため、手作業で変換処理を繰り返している。

○フォーマットの異なるデータやクロス集計表もそのまま取り込みが可能。
○VLOOKUP関数を書かなくとも、GUIで結合キーを選択して別テーブルのデータを取得。
○データ処理の登録により、新しいデータをアップロードするだけでデータを自動生成。


2.【マーケティング部門】MAやメディアのリードを統合して、販促施策に役立てたい!

○キャンペーン、イベント、自社ウェブサイトなど、様々な媒体からのリードが集積。
○MAやSFA、基幹システムのデータと紐付けてマーケティングに活用したい。
○媒体ごとに情報の粒度や項目に相違があり、データの統合が容易ではない。

○メールアドレスやIDなど任意のキー項目で、瞬時にマッチングしてデータを統合。
○マーケティングに必要な項目を含めたデータベースとしての利用も可能。
○行動履歴や顧客属性で分類したセグメント作成や、新しい施策にも役立てられる。


3.【ビッグデータ戦略部門】IoTデータやソーシャルデータを今すぐ分析したい!

○IoTデータやソーシャル/オープンデータは、非構造型で可視性が低く扱いづらい。
○ビッグデータを扱える環境とパフォーマンスに課題を抱えている。

○JSONやXMLもCSVと同等に扱え、スプレッドシートに取り込みが可能。
○データの中身を眺めながら、対話的に変換や整形作業を実施。
○データの形式や量につまづくことなく、データの探索や分析データの生成が可能に。


4.【データサイエンティスト】AIや機械学習に読み込ませる元データを短時間で準備したい!

○データのクレンジングに時間がかかり、分析など本来の業務にすぐに着手できない。
○AIや機械学習のインプットデータ生成は、どうしても複雑な手作業のプロセスになる。
○ビッグデータの一部を切り出したサンプリングのため、予測の精度に影響が出ている。

○全件データを対象に、分析や予測に必要なデータセットを生成。
○分析や予測、アルゴリズムの設計など、データの価値を最大化するプロセスに注力できる。


5.【コンサルティング部門】コンサルティング案件ごとのデータ環境を構築したい!

○顧客から預かっているデータの保管場所や、関係者との共有方法が課題。
○コンサルティング案件ごとにデータを管理し、仮説検証や分析できる環境がほしい。

○セキュアな環境でデータを保管し、ユーザごとのアクセス権限も細かく設定。
○案件ごとのデータ加工・整形作業の場所を提供。
○インプット/アウトプットデータだけでなく、データの加工フローも共有することで チーム作業やコラボレーションを促進。


6.【情報システム/IT部門】ユーザ部門からのデータ抽出依頼に応えたい!

○ビジネス部門でデータ活用が進むにつれて、データ抽出依頼が増加。
○データの形式や種類など対応が複雑化し、データ提供までに時間がかかる。
○提供したデータがビジネス部門の希望と異なり、再作成を依頼される。
○1回きりの作業にデータマートを作るまででもないが、効率的な作業環境がほしい。

○データを眺めながら、ユーザが必要とするデータを作成。
○ビジネス部門のユーザーでもセルフサービスでデータの準備を実現。
○データマート作成のプロトタイプとして、Paxata上で簡易なデータ作成も可能。


Paxata 機能ガイド

Paxata機能ガイド

データ・プレパレーションに必要な機能をすべて搭載!
Paxataのデータ・プレパレーション機能をご紹介するガイドブックです。

IT部門も、現場のビジネス部門でも、アナリティクスや機械学習のインプットデータをすばやく準備できる7つのメイン機能をご覧いただけます。

資料をダウンロード

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

データ・プレパレーションの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る