TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データ・プレパレーション>Paxata>製品情報

Paxata

データ分析にかかる全作業のうち、80%がデータ準備に費やされていると言われています。Paxata(パクサタ)が提供するデータ・プレパレーションは、HadoopやSparkの最新技術を取り入れた分散コンピューティング、機械学習、インメモリ技術をベースとした革新的なテクノロジーですばやくデータを準備し、企業のデータ活用を支援します。ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのビジネスチャレンジに求められるデータ準備をまったく新しい考え方で実現します。

Paxataのデータ・プレパレーション「処理フロー」

Paxataは企業が持つあらゆるデータを格納し、アナリティクスに活用できるデータへ変換します。

データレイクや企業内、個人PC環境にあるローカルデータをPaxataのプラットフォームに取得し、様々なデータ処理を行ったAnswer Setを発行、機械学習や分析に活用できるデータを提供します。

Paxataフロー画像



Paxataのサーバ構成

Paxataのデータ・プレパレーションは、下記のサーバ構成により実行されます。

Paxataシステム画像

機能紹介

データ追加 RDBMSやNoSQLなどのデータベース(JDBC経由)やCSV、Excelなどのファイル、Hadoopなど様々なデータソースからデータの取得が可能。
探索 取得されたデータに対しての高度なフィルタやデータのヒストグラムを自動で作成し、パターンや重複データを色分けしてデータの視覚化が可能。
整備と変更

データをSQLやプログラムを使用せずに整形可能。整形された結果はリアルタイムに画面上に反映され、加工内容を逐次確認。

整形 クロス集計表となっているデータソースを通常のテーブル形式へ置き換えたり、詳細データを集計した結果をテーブルとして用意することが可能。
統合 複数のデータセットを特定のキー情報を元に1つのテーブルに統合可能。ExcelのVLOOKUPやSQLのJOINを用いずに、統合方式を視覚的に確認しながらデータ統合が可能。
発行 作成されたアンサーセットをCSV・Excelなどのファイル形式やHDFSの形式でエクスポートが可能。
共有とガバナンス 管理者はユーザ間のアンサーセットの共有や、ユーザに対して利用可能なデータセットを制限することで利用可能なデータの範囲を限定・管理することが可能。

価格・サポート

サブスクリプション・ライセンス(年間)にて、年間のソフトウェア使用料金とサポート料金を含めてご提供しています。サーバの設置先は、オンプレミス、クラウドを問いません。

製品のご利用にあたり、アシストのサポートセンターがお客様からのご質問やお問合せに対応します。
詳しくはお問合せください。
お問合せはこちらから

メーカー

Paxata社は、データドリブン経営を実現するデータ・プレパレーション・プラットフォームの提供を目指して製品の開発を行っています。

Paxataロゴ

会社名:Paxata, Inc.
設 立:2012年
所 在:カリフォルニア州レッドウッド(米国)にて
     設立後、ニューヨーク、ワシントンDC、
     コロンブス、シカゴにオフィスを構える
体 制:80名以上の専任技術者が製品開発・サポートを提供

→メーカーサイトはこちら

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

データ・プレパレーションの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る