TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Oracle Database Appliance>製品情報>セキュリティパック for Oracle Database Appliance

Oracle Database Appliance

セキュリティパック for Oracle Database Appliance

OS機能では実現困難なOracle Database Appliance環境のセキュリティ対策を容易に実装

特権IDのログイン制御やデータやコマンドに対するアクセス制御はデータ保護には欠かせませんが、OSレベルでは実現できません。データ漏洩のリスクを最小化するためのセキュリティ対策に必要なこれらの機能を、Oracle Database Appliance環境で簡単に実現するのがこのセキュリティパックです。

セキュリティパック for Oracle Database Applianceは、CA Technologies社のアクセス制御システムCA Privileged Identity Manager(CA PIM)とOracleソフトウェアを利用し、アシストがデータベース分野とセキュリティ分野のノウハウ、Oracle Database Applianceでの豊富な経験を活かして設計したもので、十分な動作検証が実施されており、高い信頼性を提供します。


導入時にアシストによる事前設計済みのセキュリティポリシーが提供されます。標準セキュリティポリシーとしてそのまま使うこともでき、また自社のセキュリティポリシーに合わせたテンプレートへの変更についてもご相談いただけます。

事前設計済みのセキュリティポリシーには、データ流出のリスクを考慮し以下が設定されています。

カテゴリ 内容
ログイン制御 特権ユーザ(root、oracle、gridなど)の直接SSHログインを制御します。
成り代わり制御 ログイン時のユーザIDから特権ユーザ(root、oracle、gridなど)への成り代わり(su)を制御。
ファイル制御 情報の抽出が可能なコマンドの実行権限を制御します。
ログ取得 上記ログイン制御、成り代わり制御、ファイル制御のログを取得します。
ユーザが行うOS操作を記録し監査証跡として記録します。


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る