TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Oracle Database>支援サービス>アシストの技術者が語るデータベース情報 - @IT(アットマーク・アイティ)掲載記事

Oracle Database

アシストの技術者が語るデータベース情報 - @IT(アットマーク・アイティ)掲載記事

超入門「PL/SQL」

  • Vol.1 PL/SQLとは何か プログラムの特徴と基本構造を理解する
  • Vol.2 宣言部と変数の定義(その1)
  • Vol.3 宣言部と変数の定義 「%TYPE」「%ROWTYPE」
  • Vol.4 PL/SQLの実行部「IF文」「CASE文」「GOTO文」「NULL文」の書き方
  • Vol.5 PL/SQLの実行部「LOOP文」「WHILE LOOP文」「FOR LOOP文」「CONTINUE文」の書き方
  • Vol.6 PL/SQLでカーソルを使う(基本編)
  • Vol.7 PL/SQLでカーソルを使う(応用編)
  • Vol.8 PL/SQLの例外処理(前編)
  • Vol.9 PL/SQLの例外処理(後編)

Oracleサポート出張所

  • Vol.1 Oracleトラブル解決の基礎 「ログ」を理解して「初動対応」を早くする
  • Vol.2 【Oracle Database 12c対応】アラートログファイルの出力内容を正しく理解する
  • Vol.3 【Oracle Database 12c対応】トラブル未然防止/迅速解決のための「アラートログ監視の5大キーワード」
  • Vol.4 Oracle Databaseでエラーが出たらまず何を見るか――トレースファイル/インシデントファイル
  • Vol.5 Oracle Databaseのリスナーログ、接続障害発生時にどこを見るか

ゼロからのリレーショナル・データベース入門

  • Vol.1 そもそも、リレーショナルデータベースとは何か?
  • Vol.2 リレーショナルデータベースの3大構成要素とは?
  • Vol.3 データベースの「論理構造」とは何か
  • Vol.4 “言われた通り”ではもうダメな理由──「データを中心に考える」とは、どういうことか
  • Vol.5 SQLチューニングの基礎知識 「データアクセスと索引(インデックス)」の関係を理解する
  • Vol.6 「可用性要件」を満たすデータベースのシステム構成を考える
  • Vol.7 ゼロから理解する「Oracle RAC」
  • Vol.8 「データベースへの接続の仕組み」を正しく理解する
  • Vol.9 データベース障害復旧の基礎 「バックアップファイル」「変更履歴」の仕組みを理解する
  • Vol.10 データベースの「何」を「どう」監視すべきか
  • Vol.11 データベースセキュリティの必要性とその対策

ゼロからのデータモデリング入門

  • 第1回 『歴史的問題』からデータモデルを考える
  • 第2回 信頼性の高いデータの管理・供給のためのDOA
  • 第3回 データベース設計の有用性とフィットギャップ分析
  • 第4回 データベース設計はいつ、何をポイントに行うか
  • 第5回 システム企画に役立つ概念データモデル作成の基本
  • 第6回 基本設計で作るべき『論理データモデル』の考え方
  • 第7回 物理データモデル作成のポイントは“森→木→森”
  • 第8回 ビジネス視点のデータモデリング
  • 第9回 データモデル正規化の目的と役割
  • 第10回 ビジネスの変化に強いデータモデルを作る
  • 第11回 論理設計から動くシステムへ
  • 第12回 データモデリングは「できるところ」から始めよう

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る