TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データ連携(ETL/EAI)>Syncsort DMX-h

Syncsort DMX-h

Syncsort DMX-hは、世界最速ETLソフトウェアであるSyncsort DMExpressをスケーラブルなHadoop環境と融合させた、新時代の情報活用を支えるビッグデータ蓄積処理基盤のバッチ処理エンジンです。

ビッグデータ活用の課題

データウェアハウス、BIシステムの構築工数における70~80%はデータ収集や事前準備としてのデータ加工にかかっているとの市場調査会社による報告もあり、高価なデータウェアハウスに生データを集約してから分析までを一気通貫で実施するアプローチでは、システムコストの構造に大きな課題を抱えることになります。

ビッグデータ活用の課題

Syncsort DMX-hによる解決

ビッグデータを格納し、必要な加工を施してから分析環境に提供するためのスケーラブルかつコスト効果が高いETL環境を構築することができれば、データウェアハウスを中心としたシステム構築コストの構造に変革をもたらすことができます。

Syncsort DMX-hは、Hadoop環境と密統合されたビッグデータETLソリューションであり、集めて、貯めて、加工して、配る、までの過程を、コスト効果が高いビッグデータETL基盤として構築できます。

集める

集める
主要なデータベース、データウェアハウス、ファイルから高速にデータを抽出します。
独自の拡張sqoop機能により、IBMメインフレームからの並列ファイル取り込みも可能です。

貯める

貯める
ビッグデータ蓄積インフラとしてのHadoopにデータを高速並列ロードします。
Cloudra、MapR、Hortonworks、Pivotalなど主要なHadoopディストリビューションのすべてと密統合することができます。

加工する

加工する
シンプルなGUIから、簡単にMapReduceバッチ処理を設計/開発/実行できます。
ETL処理を自動最適化するスマートETLオプティマイザがデータ加工処理の効率を改善します。

配る

配る
Vertica、Oracle、Teradata、Greenplum、Netezzaなどの主要データウェアハウスへ高速パラレルロードします。
QlikView、Qlik Sense専用ファイル形式のQVXファイルも出力できます。


DMX-h


Syncsort DMX-hの特長

DMX-hは、Hadoo環境に完全に統合された、簡単に使えるスケーラブルなビッグデータETL環境を提供します。

シンプルなGUI構成

Windows環境のGUIから、5種類の基本処理テンプレートを組み合わせることで複雑なETL処理も簡単に開発できます。

シンプルでわかり易い構成のため、1日の製品トレーニングを受ければバッチ処理をどんどん開発できるようになります。

シンプルなGUI構成

分散並列処理開発を簡単に

Hadoop環境のバッチ処理でも、MapReduceを考慮して処理開発する必要はありません。

設計は1回だけ、Windows環境での単体テスト、ETLサーバでの結合テスト、HadoopクラスタでのMapReduce処理実行まですべて同じ定義を使用することができます。

Hadoopクラスタでは、DMX-hのインテリジェント実行機能により、DMExpressのジョブフローが自動的に最適な多段MapReduce処理に分解されて実行されます。

分散並列処理開発を簡単に

スマートETLオプティマイザによる処理効率アップ

Hadoopフレームワークに密統合されたスマートETLオプティマイザが、動的にETL処理のパフォーマンスを最適化し、安定稼働を実現します。

処理性能とアプリケーション品質の作り込みのための工数をソフトウェアとして吸収し、高性能で安定したバッチ処理を短期間で開発することができます。

スマートETLオプティマイザによる自動チューニング


ホワイトペーパーのダウンロード

本ホワイトペーパーでは、デジタル市場分析で世界をリードするcomScore社がビッグデータの処理性能とコストを飛躍的に改善させた事例を交えて、DMX-h Hadoop最適化ソリューションについてご紹介します。

米国の企業の多くで採用されているHadoopは、ビッグデータ分析のための優れたフレームワークを保持していますが、課題もあります。例えばHadoopのMapReduceのジョブ開発は特殊なプログラミングスキルが必要となります。

また、Hadoopはスケーラビリティという面で優秀ですが、個々のマシンのパフォーマンスやリソースの効率使用という面では改善の余地があります。

DMX-hはHadoopの課題を解決して最適化します。


Syncsort DMX-h Sandbox(トライアルキット)をいますぐダウンロード!

「DMX-h Sandbox(トライアルキット)」には、DMX-hとHadoopがプリインストールされています。
そのため、Hadoop環境がなくても仮想環境上でHadoop ETLアプリ開発が可能です。インストールガイドやチュートリアルなども含まれていますので、簡単な手順でどなたでもいますぐにトライアルいただけます。

さぁ、いますぐ「DMX-h Sandbox」をダウンロードして、トライアルをはじめてみましょう!


Sandbox Cloudera版 ダウンロード

         [ファイルサイズ : 約6.7GB]

Sandbox MapR版 ダウンロード

         [ファイルサイズ : 約4.3GB]

  • DMX-h SandboxはWindows環境(64bit) で動作します。動作には、VMWare Workstaion Player が必要です
  • ダウンロードに際しては、正しいお客様情報の入力が必要です
  • ダウンロードやインストールに関するお問い合わせはこちら <syncsort_web@ashisuto.co.jp

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る