TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データ連携(ETL/EAI)>Syncsort DMX-h>コラム

Syncsort DMX-h

Syncsort DMX-hは、世界最速ETLソフトウェアであるSyncsort DMExpressをスケーラブルなHadoop環境と融合させた、新時代の情報活用を支えるビッグデータ蓄積処理基盤のバッチ処理エンジンです。

【特別対談】ビッグデータ活用の「これから」を解明する

【特別対談】ビッグデータ活用の「これから」を解明する

企業を取り巻くデータが多様化し、かつてないスピードで増加する現在。企業におけるデータ活用の取り組むべきポイントも多様化しています。この対談では、ビッグデータをHadoopのディストリビューションで支えるマップアール・テクノロジーズ社、ビッグデータプラットフォームをインテグレーションで支える日本ヒューレット・パッカード社、ビッグデータ活用をその時代時代に合ったツールの提供により支えるアシスト、それぞれ独自の視点を持つスペシャリスト3名が実際の現場での肌感覚を持ち寄り、ビッグデータ活用の「いま」と「これから」について迫ります。

前編はこちら
・ビッグデータ活用を支えるデータ活用基盤への取り組み
・Hadoopを取り巻く最新状況

後編はこちら
・企業におけるデータ活用の変化と取り組み事例
・エンタープライズにおける今後のデータ活用基盤とは
・データ活用基盤を検討されるお客様へ



情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る