TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データ連携(ETL/EAI)>Syncsort DMX-h>ダウンロード

Syncsort DMX-h

Syncsort DMX-hは、世界最速ETLソフトウェアであるSyncsort DMExpressをスケーラブルなHadoop環境と融合させた、新時代の情報活用を支えるビッグデータ蓄積処理基盤のバッチ処理エンジンです。

DMX-h Sandbox(トライアルキット) をいますぐダウンロード!

「DMX-h Sandbox(トライアルキット)」には、DMX-hとHadoopがプリインストールされています。
そのため、Hadoop環境がなくても仮想環境上でHadoop ETLアプリ開発が可能です。インストールガイドやチュートリアルなども含まれていますので、簡単な手順でどなたでもいますぐにトライアルいただけます。

さぁ、いますぐ「DMX-h Sandbox」をダウンロードして、トライアルをはじめてみましょう!


Sandbox Cloudera版 ダウンロード

         [ファイルサイズ : 約6.7GB]

Sandbox MapR版 ダウンロード

         [ファイルサイズ : 約4.3GB]


  • DMX-h SandboxはWindows環境(64bit) で動作します。動作には、VMWare Workstaion Player が必要です
  • ダウンロードに際しては、正しいお客様情報の入力が必要です
  • ダウンロードやインストールに関するお問い合わせはこちら <syncsort_web@ashisuto.co.jp>

ホワイトペーパーのダウンロード

Syncsort DMX-h テクノロジー解説

Hadoop上でのネイティブなETL処理を実現するSyncsort DMX-hについてのテクニカル・ホワイトペーパーです。
HadoopやSparkといった分散処理環境を利用した近代的なデータインテグレーション基盤についてその概観と課題を解説し、その上でネイティブに動作するSyncsort DMX-hについて、その技術要素を解説します。



Hadoopの最適化ソリューション

本ホワイトペーパーでは、デジタル市場分析で世界をリードするcomScore社がビッグデータの処理性能とコストを飛躍的に改善させた事例を交えて、Syncsort DMX-hのHadoop最適化ソリューションについてご紹介します。

米国の企業の多くで採用されているHadoopは、ビッグデータ分析のための優れたフレームワークを保持していますが、課題もあります。例えばHadoopのMapReduceのジョブ開発は特殊なプログラミングスキルが必要となります。また、Hadoopはスケーラビリティという面で優秀ですが、個々のマシンのパフォーマンスやリソースの効率使用という面では改善の余地があります。

DMX-hはHadoopの課題を解決して最適化します。



情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る