TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>情報漏えい対策>CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)

CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)

CA Privileged Identity Managerは、OSユーザのアクセス管理を行なう製品です。アカウント管理、アクセス制御、アクセスログの取得などにより、重要なデータやアプリケーションを保護します。

標的型攻撃、内部不正…重要データが狙われている

重要データを扱う「特権ID」管理に伴うリスク

標的型攻撃や内部不正により、「特権ID」(=高権限ユーザID)が悪用され、重要なサーバから大切な情報が盗まれる事例が数多く報告されています。

特権IDは組織内の重要なデータへ容易にアクセスできてしまう重要な鍵です。有事に備えるだけでなく、監査対応のためにも厳しい管理が必要ですが、なかなか仕組みが整わず、手作業で行う管理もそろそろ限界、という実態が多いのではないでしょうか。

特権ID管理の課題をスマートに解決

アシストでは、アクセス制御システムの「CA Privileged Identity Manager(PIM)」と、パスワード貸出の「CA Shared Account Manager(SAM) 」により、特権ID管理に伴うリスクをスマートに解決するソリューションを提供します。

  • 特権ID利用の仕組みをシステム化し、申請/承認により特権IDの利用者を特定する
  • たとえ特権IDであっても、操作できる範囲を「必要最低限」に制限する

特権IDを共有化し、効率的に管理(ソリューション1)

  • 共有IDのパスワードを都度貸し出すことで、特権IDの数を最小限に制御
  • パスワードの貸出/リセットをWebワークフロー(申請/承認)により自動化

ソリューション1

CA Privileged Identity Managerの機能

特権IDの不正利用を防ぎ、安全に管理(ソリューション2)

  • 特権ID利用者にパスワードを通知しない自動ログイン機能(サーバ管理者にもパスワードを公開しない)
  • 自動ログイン以外はログインを禁止し、未承認ログインをシャットアウト
  • マルウェアにより、パスワードを窃取されたとしてもログインを許可しない
  • 適切な職務分掌に応じた必要最低限の権限を付与

ソリューション2

緊急時の即時対応が可能(ソリューション3)

  • 緊急対応が必要な場合には、承認者が不在でも時後承認機能により即時で作業を行うことができる(後日承認)
  • 問題のあるユーザIDの利用は、セッションを強制切断可能

ソリューション3

CA Privileged Identity Managerの機能

監査対応にも利用可能なログ取得(ソリューション4)

  • OS上の様々な操作をログに記録
  • 異なるOSであっても、操作ログのフォーマットを統一
  • 特権ID利用者でもログの改ざん、削除が不可能
  • 貸し出した特権ID(共有ID)と申請者(利用者)を紐づけてログ出力

ソリューション4

CA Privileged Identity Managerの機能

アシストなら万全の体制でお客様をサポートします

2014年11月最多獲得案件記録が高く評価され、「CA Technologies  グローバル・パートナー・アワード 」を受賞しました。

受賞歴

1998年9月取り扱い開始以降、国内の代理店の中で一番長く、CA Privileged Identity Managerの導入支援、ライセンス販売、サポートを行っています。

アシストの導入支援実績は全国250社以上。豊富な実績の中で培ってきたノウハウを用いて、お客様の要件定義から導入まで手厚くご支援します。

メール、Webのほか、お電話でもお問い合わせを受付。これまでの累計5,400件のお問い合わせからFAQを公開、パッチや新バージョンリリース、各種技術情報のお届けも行っています。

開発元である米国CA Technologies社と定期的にテレカンファレンスを行い、開発部門に対して、直接お客様の声をフィードバックしています。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る