TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>品質強化対策>Unified Functional Testing>事例>Ajax環境のテストもUnified Functional Testingで対応! 既存資産を有効活用

Unified Functional Testing

Ajax環境のテストもUnified Functional Testingで対応! 既存資産を有効活用

RIAの代表的な技術の「Ajax」にフォーカスを当て、機能テストツールであるUnified Functional Testingの対応状況、操作性についてご紹介いたします。Ajaxの開発、テストに携わる方、是非ご参考ください。

(1)Ajax環境におけるUnified Functional Testingの優位性

Unified Functional Testingは、各Ajaxライブラリに合わせた専用の対応プログラム(アドイン)が個別に提供されております。

  • ASP Ajax
  • Dojo
  • ExtJs
  • Google Web
  • Toolkit(GWT)
  • jQueryUI
  • SiebelOpenUI
  • Yahoo! User
  • Interface
  • Library(YUI)

この点からもAjax環境における機能テストにおいて、Unified Functional Testingの優位性が見受けられます。なお、現時点では上記Ajaxライブラリに対してサポートが提供されます。(2018年1月現在)


(2)設定、スクリプト作成、メンテナンス性に対する利点

Ajaxアドインを使用することで、HTMLベースのアプリケーション等と同等の視認性、拡張性の高いテストスクリプトが作成可能です。

Unified Functional TestingではAjaxオブジェクトは上図のように
認識されます。(クリックで拡大します)


また、Ajaxコンポーネント(部品)は、Ajaxオブジェクトとして管理されるため、アプリケーションのバージョンアップ、オブジェクトの移動等が発生した場合でも、スクリプトを再作成する必要はありません。他の開発環境と同等の操作性、メンテナンス性を維持し、アプリケーション改修時に発生する回帰テストもスクリプトの修正は必要ありません。

オブジェクトリポジトリでは
Ajaxオブジェクトは上図のように
登録されます。(クリックで拡大します)


Ajaxオブジェクトにチェックポイントを挿入してみよう(Sliderの例)

ASP AjaxのSliderオブジェクトに対して、検査項目(チェックポイント)を挿入する例をご紹介します。1) はAjaxアドインが導入されていない場合です。2) はAjaxアドインが導入された場合の例です。

(1)Ajaxアドインが導入されていない場合

Ajaxオブジェクトを認識できないため、チェックポイントが挿入できず、Sliderオブジェクトのポジション値の検査ができません。

Ajaxアドイン未導入の場合、上図のように
認識されます。(クリックで拡大します)


(2)Ajaxアドインが導入されている場合

アドインの効果により、Ajaxオブジェクトとして正しく認識し、Sliderオブジェクトとして認識し、正しくポジションの検査が可能です。

Ajaxアドインを導入した場合、上図のように
認識されます。(クリックで拡大します)


このように、今まではAjaxオブジェクトを正しく識別できず、検証項目の挿入に独自のスクリプトを記述する等、手間がかかりましたが、アドインの導入で、オブジェクトの認識レベルが大きく向上し、テストスクリプトの柔軟性、検査項目設定の生産性が大きく向上します。今後も、その他のAjaxライブラリの対応アドインがリリースされ次第、本特集でご紹介いたします。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る