TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>SaaS型運用管理>千里眼SaaS>事例

千里眼SaaS

千里眼SaaSは、統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析するサービスです。システム障害の予防や人的リソースの効率的な配置など、ITサービスマネジメントの高度化への取り組みと改善活動をサポートします。

千里眼/千里眼SaaSの導入企業(一部)

アットホーム株式会社

アットホーム


不動産情報サービス企業のアットホーム株式会社では、ジョブ管理サーバが複数稼働することにより、ジョブ管理業務が煩雑になり稼働レポート作成にも多くの時間を費やしていました。そこで、JP1が提供する統合コンソールの徹底活用と、統合レポート環境「千里眼イベント管理 for JP1」の導入を決断。これによりレポート作成時間が1/5に短縮、運用データを戦略的に活用する情報システム部門へと進化しました。


KDDI株式会社

KDDI

経営層から現場担当者まで全社規模でデータを活用し、経営判断や業務遂行を行う「データドリブン経営」を行っているKDDI株式会社。意思決定の元となるデータについて、各種基幹系システムからDWHに蓄える部分を統合システム運用管理ソフトウェア「JP1/Automatic Job Management System 3」で制御していましたが、10万を超える大規模かつ複雑に絡み合うジョブの特性上、異常発生時にどのレポート提供業務に影響があるのか、その調査に多くの時間を要していました。そこで、2018年4月に「千里眼」を採用。システムの運行状況が可視化できるだけでなく、業務への影響度がリアルタイムに特定できるようになりました。


JFEシステムズ株式会社

JFEシステムズ


JFEスチールグループの情報子会社として幅広くSIサービスを提供しているJFEシステムズ株式会社では、以前より基幹システムのログ収集や分析に多くの工数を要し、ジョブの全体像が把握しづらい状況もあり、一定数の障害が発生していたことに悩まされていました。そこで、運用データの活用が予防保守の対策として有効と判断し「千里眼SaaS」を採用。ジョブ運用の品質向上だけでなく、スピード感のある情報共有により部門間連携の強化も実現しました。


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る