TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ソリューション>aebis>選び方ガイド

aebis

アシストは40年以上にわたって、お客様の情報活用のお手伝いをしてきました。aebisはそのノウハウをすべて詰め込み、完成しています。絶対に失敗しない「お客様それぞれに最適なカタチの情報活用」を実現します。

選び方ガイド~「適材適所」の製品とは?

現在、データ活用を実現する製品は多岐にわたり、お客様は様々な情報から自社の環境や目的、課題に合致した製品を選び出さなければなりません。

アシストでは、「つなぐ」「ためる」「ととのえる」「いかす」の観点で、お客様の目的と課題にそった製品をご提案します。それぞれに最適な製品を組み合わせることで、お客様に使いこなしていただく「データ活用」を実現することができるのです。

製品ラインナップはこちらから

「つなぐ」製品ラインナップへ
「ためる」製品ラインナップへ
「ととのえる」製品ラインナップへ
「いかす」製品ラインナップへ

資料のダウンロードはこちらから

資料のダウンロードはこちら

「つなぐ」 データ品質を確保する

データ活用に必要なデータ品質を確保するために、オンプレやクラウドなど様々なデータ源泉への接続、柔軟な加工処理、大量データに対応する処理性能の高さ、開発生産性・保守性の高さをどのようにマッチングさせるかがポイントです。

ソフトウェアを選択する観点

「つなぐ」ソフトウェアを選択する観点

データ連携の要件指向

【イベント指向】
ファイルが更新されたタイミングでのデータ連携など、業務プロセスと密接した細かなデータ連携要件。
 ●マスタ連携
 ●受注処理の即時引き当て

【バッチ指向】
日次、月次処理など比較的大量のデータを一括処理する必要性があるデータ連携要件。
 ●データウェアハウスやデータマートへのデータ統合
 ●請求データの締め処理

1連携当りのデータ量

【少ない】
データ連携頻度が高く、双方向性が強い場合、その連携単位あたりのデータ量は少なくなる傾向。

【多い】
データ連携頻度が低く、単方向性が強い場合、その連携単位あたりのデータ量は多くなる傾向。

ソフトウェアの特徴

●オンプレミスからクラウドまで多彩なデータソースをノンプログラミングでデータ連携
●RPAとの連携や、Excelやメールアダプタを利用した業務の自動化や改善も可能
●スケジュール実行やファイル監視などの豊富な運用支援機能を搭載



●ミッションクリティカルなシステムでの採用実績による高い信頼性と安定性
●自動チューニング機能により、大量データの高速処理を誰でも簡単開発
●Hadoop上でETL処理を実現する「DMX-h」もラインナップ



●サーバーやぷらっとフォーム、コード体系など異なる様々なファイルを
 安全・確実に転送
●データ圧縮や転送設定の最適化によりFTPと比較して6倍の転送速度を実現
●幅広い対応OSにより、企業内・企業間ファイル連携の標準化を実現

「ためる」 データを統合し蓄積する

DWHやデータレイクとして、データ規模、高速性、拡張性、さらには運用管理の容易性について、どのようにマッチさせるかがポイントです。

ソフトウェアを選択する観点

「ためる」ソフトウェアを選択する観点

ソフトウェアの特徴


●「大容量データ」「大量ユーザー」でも、超高速分析が可能。
●自動チューニングによって、複雑なチューニングが不要。
●データベースに内蔵された機械学習機能を使って、未来の予測分析も可能。



●世界最速のDBアプライアンスExadataによるOLTPとDWHの融合
●世界初!自律的なDWH専用クラウドサービス( Autonomous Data Warehouse )



「ととのえる」 データ準備の工数を削減する

多様で大量のデータをビジネスに活かすためには、ユーザー部門がみずからデータの加工や整備をすることが重要です。一方、IT部門はデータ管理プロセスを俯瞰し、統制しなければなりません。データ準備のセルフサービス化とITガバナンスを両立できるかどうかがポイントです。

ソフトウェアを選択する観点

ととのえるチャート

処理データ件数見出し

【多い】
数十万件~数千万件以上

【少ない】
数千件~数万件

タイプ見出し

【デスクトップ】
個人利用を前提としたクライアントツール

【プラットフォーム】
組織利用を前提とした共有基盤

ソフトウェアの特徴

●Excelライクな操作感で幅広いユーザ層が利用可能
●AI/機械学習による最適なデータ加工のリコメンド
●優れた再利用性や共有機能により組織全体のデータ活用を支援

「いかす」 データを可視化・分析する

データ活用のゴールに合わせて、展開規模や提供形態を柔軟に組み合わせることが重要です。データ活用の目的・課題とBIツールの特性・強みをどのようにマッチングさせるかがポイントです。

ソフトウェアを選択する観点

「いかす」ソフトウェアを選定する観点

利用目的

【分析】
課題解決/戦略立案のために、データを様々な切り口から検証・探索し、新たな気付きや洞察を得ること。

【可視化】
意思決定/業務遂行のために、データを抽出・図表化し、現状の正確な把握を行うこと。

展開方法

【アプリ提供型】
管理者がBIアプリを開発し、利用者へ提供すること。
 ●管理者:IT部門、ユーザ部門のパワーユーザがBIアプリを開発
 ●利用者:提供されたBIアプリを利用

【セルフサービス型】
管理者は利用者がBIアプリを作成、利用する統制の取れた環境を提供すること。
 ●管理者:IT部門、ユーザ部門のパワーユーザがBI環境を整備/管理
 ●利用者:統制の取れた環境で利用者自らBIアプリを作成/利用

ソフトウェアの特徴

WebFOCUSロゴ

●社外を含め、全社で利用できるライセンス体系
 社長から新入社員まで誰もが利用できる操作感を提供
●多種多様な利用シーンに対応するための多様な手段を提供
 様々な手段を組み合わせることで、企業毎に異なる期待へ応える
 『BIプラットフォーム』へと形を変えて適用が可能
●一般的なアーキテクチャで構成でき、利用拡大による負荷分散や冗長化などの構成変更
 や拡張にも柔軟に対応



●「連想技術」と「拡張知能」によるレコメンドや自動作成
●インメモリ技術により数億件のデータも瞬時に分析
●DWHを必須としないアーキテクチャーによりスピード構築




もっと詳しく知りたい方は、こちら

aebisマップ

aebisについて1枚にまとめた資料です。
本ページでご紹介した内容が記載されていますので、社内関係者へのご説明にもご活用いただけます。




ソリューションの関連製品/サービス

情報活用に関するその他の課題

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る