TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>HPE Business Service Management>活用例

HPE Business Service Management

HPE Business Service Managementは、ビジネスサービスおよびビジネス・アプリケーションの可用性、パフォーマンス、効果を最適化します。サービスの利用者の視点、つまりサービスを利用する企業や顧客、パートナーの視点から、ビジネスサービスとアプリケーションの提供状況を監視できます。

活用例

システム監視/サービス監視結果を相関的に分析

システム監視/サービス監視結果を相関的に分析

システム監視とサービス監視のリアルタイム比較により、障害発生時の原因絞込みをスムーズにします。

最適なコスト投資に向けた分析を実現 & レスポンス遅延の範囲を拠点別に把握

最適なコスト投資に向けた分析を実現

システム状況とサービス状況をグラフで比較でき、本来の意味のキャパシティプランニングが行えます。

レスポンス遅延の範囲を拠点別に把握

監視拠点毎のサービスレスポンスタイムを比較でき、障害発生時の問題切り分けをスムーズにします。

通信内訳からレスポンス遅延の原因箇所を特定

通信内訳からレスポンス遅延の原因箇所を特定

レスポンス遅延が発生している処理をドリルダウンでき、単なる応答時間計測に留まらず通信の内訳まで確認できるため、障害発生時のボトルネック特定を強力にサポートします。

処理が失敗した際の原因を画面キャプチャから特定

処理が失敗した際の原因を画面キャプチャから特定

処理が失敗している部分をドリルダウンでき、エラー時の画面キャプチャを参照できる為、エラー原因の把握に役立ちます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る