TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>HPE Business Service Management>機能

HPE Business Service Management

HPE Business Service Managementは、ビジネスサービスおよびビジネス・アプリケーションの可用性、パフォーマンス、効果を最適化します。サービスの利用者の視点、つまりサービスを利用する企業や顧客、パートナーの視点から、ビジネスサービスとアプリケーションの提供状況を監視できます。

機能

サービスの稼働状況をユーザと同じ視点から把握

ユーザが行う操作の視点で稼動/パフォーマンスを常に把握し、障害発生時でも具体的な根拠をもった問題個所の絞込みや評価を行える状態にします。

ユーザ視点での把握

サービスレベルをいつでも評価/分析

ユーザレスポンスの結果を、「拠点」「処理内容」「時間帯」「レスポンス内訳」「システム性能」「時間比較」「ネットワーク遅延」「平均/最小/最大」等の多様な切り口からいつでも評価/分析できます。従って、“レスポンスが遅い”といった感覚的な問題を具体的に説明する材料を一から集める必要がなく、問題対応時間の短縮につながります。

サービスレベルをいつでも評価/分析

多様なレポート機能

HPE Business Service Management(以下、BSM)では、標準で数十種類以上用意されており、障害発生時の分析や、定期報告、およびキャパシティプランニングの材料等として役立ちます。更に、お客様でオリジナルのレポートを作成していただくこともできるので、複数の結果を1つのレポートに纏めて相関的に分析することも可能です。

レポート機能

レポート機能

レポート機能

構成イメージ

構成イメージ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る