TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>Hitachi IT Operations Director>機能>ソフトウェアライセンスの管理

Hitachi IT Operations Director

ソフトウェアライセンスの管理

ソフトウェアライセンスの適正な管理が可能!

PCにインストールされているソフトウェアの把握や、ライセンスの使用状況を確認するなどの管理は、手間がかかる上に高い精度が求められます。

Hitachi IT Operations Directorでは、インストールされているソフトウェア情報を自動で収集し、常に最新の情報に保つことが可能です。
また、収集した情報によって実際にソフトウェアを使用しているPCや、全体のライセンス保有数、残数なども一目で確認することができるため、管理者は手間をかけることなく適切なライセンス管理を行えます。

ソフトウェアライセンスの適正な管理

SAMACソフトウェア辞書対応によるソフトウェアライセンス管理

SAMAC(一般社団法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会)が提供するソフトウェア辞書を、Hitachi IT Operations Directorにインポートすることで、管理対象PCから収集したソフトウェアが有償かどうかをかんたんに区別できます。

また、製品の標準機能として、Microsoft Office製品の購入形態が製品版かボリュームライセンス版であるかを判別できます。ボリュームライセンス版については、プロダクトIDを利用したライセンス管理ができるようになります。
※Office 2007およびOffice 2010が対象となります。

SAMACソフトウェア辞書対応

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る