TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>Hitachi IT Operations Director>機能>セキュリティチェック&対策

Hitachi IT Operations Director

セキュリティチェック&対策

社内ポリシーに違反しているPCへ自動メッセージ!

Hitachi IT Operations Directorは、管理しているPCから自動収集した情報を元に、定期的にセキュリティチェックを行います。

セキュリティチェックでは、ウィルス対策製品をインストールしていない、使用禁止ソフトウェアがインストールされている、セキュリティパッチを適用していない、などといった社内ポリシーに違反しているPCを検出し、対象のPCへ自動メッセージ通知を実行します。

自動メッセージ

ユーザの操作制御も確実かつ簡単!

設定や管理が難しいユーザの操作制御。
Hitachi IT Operations Directorでは、情報漏えいやウィルス感染対策として、USBメモリの使用制限や使用を禁止しているソフトウェアの起動抑止など、ユーザの禁止操作を簡単、かつ確実に抑止することが可能です。

さらに、USBメモリの使用制限については「社内で許可したUSBメモリのみ使用できる」という設定もできるため、柔軟な管理で確実に情報漏えいリスクを低減することができます。

操作制御

社内のセキュリティ状況を一目で把握!

Hitachi IT Operations Directorでは、社内全体のセキュリティ状況を総合評価し、グラフィカルな図やわかりやすいグラフで管理者へお知らせします。

セキュリティ状況

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る