TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>デスクトップ仮想化/アプリケーション仮想化>Ericom>製品情報>PowerTerm WebConnectからEricom Connectへ移行する際の考慮事項

Ericom

PowerTerm WebConnectからEricom Connectへ移行する際の考慮事項

1.非互換/未実装機能

  • ConnectサーバのActive Directoryドメインへの参加が必須となりました。
  • 認証はActive Directoryのみとなり、PowerTerm WebConnectでサポートされていたOpenLDAPは
    サポートされません。
  • クライアントのユーザインターフェースが以下に変更されています。
  • Application Zone → AccessPad
  • Application Portal → AccessPortal
  • クライアント端末側のWindowsスタートメニューに対しては、配信アプリケーションの
    ショートカットアイコンを配置できません(デスクトップへは配信可能)。
  • VDI/ハイパーバイザ管理機能は現状提供されていません(今後対応予定)。
  • 初回のユーザログイン時にBlaze接続用のクライアントモジュールを自動ダウンロードできないため、
    各クライアント端末に事前にインストールする必要があります。
  • RemoteFXの機能は利用できません。
  • Easy Printは利用できません。

2.新たな機能

  • 管理コンソールのユーザインターフェースおよび出力メッセージが日本語での表示になります。
  • 管理者用機能が充実しました。
  • 管理者がシステム状況を俯瞰できるダッシュボード
  • ラウンチシミュレーター(トラブル解決支援)
  • レポーティング機能(各種ログを定形レポート等で分析)
  • 多様なリソースのグループ化とその組み合わせによる柔軟な公開設定
  • CLIによる設定変更の負荷軽減や運用の自動化
  • グリッド構成による高い可用性の実現
  • コネクションブローカーでの処理数(サーバ1台あたり10万ユーザ)

注意事項

  • 物理PCへの接続は、Enterprise Editionでのみ提供されます。
  • Ericom Connectは、PowerTerm WebConnectよりも、Ericom Secure Gateway(ESG)との
    接続に必要なポート数が大幅に増えています。
  • Professional Editionではユーザ数やRDSサーバ台数等に制限があります。機能制限の詳細は、
    下記エディション別機能比較表をご確認ください。

Ericom製品のダウンロードサービス、セミナー情報、問い合わせについて

Ericomダウンロード

Ericom製品の詳細が分かる資料や、製品を30日間試せる評価版を無料でご提供しています。
お申し込みはこちら

Ericomセミナー

Ericom製品の概要やメリット、活用法をご紹介する無料セミナーを定期開催しています。
セミナー開催日程はこちら

Ericomお問い合わせ

Ericom製品に関するご質問やご相談、お見積依頼などはこちらから。
お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応させていただきます。

Ericom製品関連情報

概要

Ericom製品の概要や関連コンテンツはこちら

製品情報

Ericom製品の特長や全製品ラインナップはこちら

機能比較表

Ericom製品のエディション別機能比較表はこちら

価格

Ericom製品の価格情報はこちら

システム要件

Ericom製品のシステム要件はこちら

事例

Ericom製品の国内/海外導入事例はこちら

パートナー一覧

Ericom製品の国内販売パートナー一覧はこちら




Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る