TOP>製品/サービス>課題から探す>ビッグデータ活用のためのデータクレンジング

ビッグデータ活用のためのデータクレンジング

DWHの価値を最大化する!ビッグデータ・クレンジングパッケージ

データウェアハウスとデータクレンジングのコスト課題

昨今、従来の構造化データに加え、Webログをはじめとした各種ログデータ、IoTやM2Mなどの各種センサーデータに至るまで、多種多様な「ビッグデータ」を活用して、いかに迅速にビジネスに直結させるかが企業における経営課題となっております。
これらの大容量で多種多様なデータをデータウェアハウスにすべて蓄積し、加工する、これまでのシステム構築手法では、データベースのライセンスコストやストレージコストに大きな課題を抱えることになります。
また、データウェアハウス構築の作業工数における70~80%は、データ収集や加工といったデータクレンジングに費やされると言われており、ビッグデータ活用においてはこれらの作業コストがより重要な課題となります。

データウェアハウスとデータクレンジングのコスト課題

スケーラブルなETL基盤による課題解決

スケーラブルなETL基盤による課題解決



ビッグデータを蓄積する基盤として活用が拡がっている「MapR」と、データを収集加工できるETLツール「Syncsort DMX-h」を組み合わせることで、ビッグデータから価値あるデータを賢く提供するスケーラブルなシステム基盤を構築することが可能となり、データウェアハウスの価値を最大化します。



具体的には、次のような課題解決を提供します。

○データベースのライセンスコストやストレージコストの課題
 ・コモディティサーバーをSDS(Software Defined Storage)として活用することで、データベースの
  ライセンスコストおよびストレージコストを低減

○データ収集や加工といったデータクレンジングコストの課題
 ・直観的な操作でデータクレンジング処理を開発することで、作業コストを低減
 ・スケーラブルな分散環境に対応した高速ETL処理により、処理コストを低減


オールインワンパッケージでのソリューション提供

「ビッグデータ・クレンジングパッケージ」は、マップアールテクノロジーズ提供Hadoopディストリビューション「MapR」と、「MapR」に最適なHP製IAサーバ「HP ProLiant DLシリーズ」、アシスト提供のHadoop ETL「Syncsort DMX-h」を、各種技術支援サービスと組み合わせてご提供いたします。


価格

最小構成1,700万円(税別)(初年度費用)より提供いたします。


DMX-h Sandbox(トライアルキット) をいますぐダウンロード!

Sandboxダウンロード

MapRとDMX-hがプリインストールされた「DMX-h Sandbox(トライアルキット)」で、すぐにHadoop ETLアプリ開発を体験いただけます。インストールガイドやチュートリアルなども含まれていますので、簡単な手順でどなたでも操作が可能です。
さぁ、いますぐ「DMX-h Sandbox」をダウンロードして、トライアルをはじめてみましょう!

関連製品/サービス

Syncsort DMX-h

Syncsort DMX-hは、世界最速ETLソフトウェアであるSyncsort DMExpressをスケーラブルなHadoop環境と融合させた、新時代の情報活用を支えるビッグデータ蓄積処理基盤のバッチ処理エンジンです。

  • データウェアハウスのコスト構造を改革!
  • MapReduce処理をノンプログラミング開発
  • スマートETLオプティマイザで各ノードの処理効率アップ

詳細へ

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。他のETLツールにはない独自の自動チューニング機構「スマートETLオプティマイザ」が、効率性・高速性・信頼性を備えた高品質・高性能の処理を誰でも簡単に開発することを可能にします。

  • 高速バッチ処理をチューニングレスで実現
  • 高度なスキルセット不要!GUIで簡単開発
  • ミッションクリティカルなシステムでも安心の実績

詳細へ

DMX-hに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る