TOP>製品/サービス>課題から探す>Hadoop 開発生産性向上/処理効率アップ

Hadoop 開発生産性向上/処理効率アップ

Hadoopのメリットを最大限に引き出すDMX-hのご紹介

DMX-hとはHadoopフレームワーク上で稼働するDMExpressです。
世界最高速ETLツールであるSyncsort DMExpressの開発生産性と処理効率をHadoopフレームワークに融合させることにより、ビッグデータ統合に最適なHadoop環境を強力にサポートします。
Hadoopと周辺システムの高速データ連携、MapReduceアプリケーションのノンプログラミング開発、Hadoopノード毎の処理効率最適化を実現します。

Hadoop + DMExpress


Hadoop 開発生産性向上

視覚的にわかりやすいGUIでHadoopへのデータ連携処理やHadoopクラスタで実行されるMapReduce処理を開発することができます。
テンプレートにパラメータを入れて作成するタスク処理をフロー化していく、ノンプログラミング開発です。

Hadoop 開発生産性向上


Hadoop 処理効率アップ                 

Hadoop 開発生産性向上

各ノードの配置されたC++ベースのDMX-hエンジンがHadoopアーキテクチャと連携して分散処理を実施し、各ノード毎の処理効率を改善します。
また、Hadoopフレームワークのソート処理を代替する機能により、既存MapReduceアプリケーションのソート処理を高速化することができます。


ベンチマーク

HDFS(Hadoop Distributed File System)へのロード処理、ソート処理代替実行、MapReduce処理で2倍から5倍の処理性能を実現します。

ベンチマーク


ホワイトペーパーのダウンロード

ホワイトペーパーのダウンロード

本ホワイトペーパーでは、デジタル市場分析で世界をリードするcomScore社がビッグデータの処理性能とコストを飛躍的に改善させた事例を交えて、DMX-h Hadoop最適化ソリューションについてご紹介します。

米国の企業の多くで採用されているHadoopは、ビッグデータ分析のための優れたフレームワークを保持していますが、課題もあります。例えばHadoopのMapReduceのジョブ開発は特殊なプログラミングスキルが必要となります。また、Hadoopはスケーラビリティという面で優秀ですが、個々のマシンのパフォーマンスやリソースの効率使用という面では改善の余地があります。DMX-hはHadoopの課題を解決して最適化します。


体験版/POCプログラムのご案内

体験版/POCプログラムのご案内

DMX-hの製品試使用およびPOC支援プログラムをご用意しております。
ぜひ、製品の導入効果をご体感してください。

関連製品/サービス

Syncsort DMX-h

Syncsort DMX-hは、世界最速ETLソフトウェアであるSyncsort DMExpressをスケーラブルなHadoop環境と融合させた、新時代の情報活用を支えるビッグデータ蓄積処理基盤のバッチ処理エンジンです。

  • データウェアハウスのコスト構造を改革!
  • MapReduce処理をノンプログラミング開発
  • スマートETLオプティマイザで各ノードの処理効率アップ

詳細へ

Syncsort DMExpress

Syncsort DMExpressは、高性能なデータ統合(ETL)処理、バッチ処理を簡単に開発できる「最も賢い超高速ETLツール」です。他のETLツールにはない独自の自動チューニング機構「スマートETLオプティマイザ」が、効率性・高速性・信頼性を備えた高品質・高性能の処理を誰でも簡単に開発することを可能にします。

  • 高速バッチ処理をチューニングレスで実現
  • 高度なスキルセット不要!GUIで簡単開発
  • ミッションクリティカルなシステムでも安心の実績

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る