TOP>製品/サービス>課題から探す>統合検索プラットフォームSedueへのデータ収集

統合検索プラットフォームSedueへのデータ収集

検索エンジンSedueの情報鮮度を保つためのデータ収集

検索エンジンは情報の鮮度が非常に重要です。統合検索プラットフォームSedue では、検索対象とするデータソースから、クローラーやデータ連携ツール(ETL/EAI)によってデータを収集する必要がありますが、情報鮮度を保つためには、運用管理ツール等でデータ収集をスケジューリングし、高い頻度で自動的にデータ収集する必要があります。

Sedueへのデータ連携自動化

データ連携ツールDataSpider を利用することで、社内外の様々なシステムからのデータ集約やデータ変換をノンプログラミングで実装できます。また、スケジューリング機能を備えているため、データ鮮度を保つための運用自動化も実現できます。

sedueへの接続アダプタ


DataSpider Sedueアダプタの機能

Sedueへの接続アダプタを持つDataSpiderによって、Sedueのドキュメントリポジトリへ検索対象データの登録/更新/削除を行うことが可能です。データ登録/更新時において、書き込むデータを分割することが可能なため、Sedue側のメモリ負荷を軽減できます。

また、登録/更新/削除の共通機能として、処理後すぐにインデックス化を行うオプションがあるため、登録/更新/削除時に即時に検索結果に反映させることが可能です。

データ連携ツール(ETL/EAI)の導入メリット

  • 社内の様々なシステムが持つデータをSedueに連携することが可能であるため、ユーザがより多くの情報を有効に活用できます。
  • ノンプログラミングで開発できるため、システム毎のクローラーを組む必要がなく、開発工数の削減、スピーディーな開発が可能です。内製化することにより開発委託時のコストを削減することにもつながります。
  • スケジューリング機能などの自動運用機能が豊富であるため、別途運用管理ツールを用意すること無く新鮮なデータをSedueに連携できます。運用管理ツールの調達コスト削減にもつながります。

関連製品/サービス

DataSpider Servista

DataSpider Servista(以下、DataSpider)は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つくらずにつなぐ」データ連携(EAI)ツールです。アイコンを使用した簡単開発、充実した運用管理機能で連携処理の自動化を実現。DataSpiderなら、開発生産性の向上と運用コストの低減を図れます。

  • ノンプログラミングによるデータ連携開発を実現
  • 豊富なアダプタでExcelからクラウドまで幅広く連携可能
  • 顧客満足度実績No.1 EAIソフトウェア

詳細へ

DataSpiderに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る