TOP>製品/サービス>課題から探す>短期間で、タブレットを活用した入力システムを構築

短期間で、タブレットを活用した入力システムを構築

タブレットのビジネス活用

ご存知のとおり、タブレットはPCと比べて、「起動が早い」、「バッテリーの寿命が長い」、「軽くて持ち運びしやすい」、「対面でも画面を共有できる」などの特性を持っています。

そして、企業はタブレットを導入するメリットとして、「ペーパーレスや業務オペレーションの改善によるコスト削減」、「いつでもどこでも仕事ができるワークスタイルの変革」を掲げ、ビジネスで活用する動きが活発になっています。

短期間で、タブレットを活用した入力システムを構築

「現場」で情報を入力する申込書や報告書、アンケートなどの入力業務にタブレットを活用することで、前述のメリットは享受しやすくなります。

タブレットを活用した入力システムを構築する方法として、XML形式、HTML形式、そしてe.Form等のソフトウェアを活用するという3つが挙げられます。それぞれの比較を以下に記載します。

入力フォームの作成形式による比較

XML形式 HTML形式 e.Form
言語 XML HTML なし
フォーム作成時間 長い 長い 短い
作成可能な人 プログラマー HTMLコーダー 誰でも可能
データベース作業 必要 必要 不要
タブレット対応 別途開発 Webブラウザ 対応
開発費用

e.Formはタブレット専用の入力システムを構築するパッケージ・ソフトウェアです

e.Formでは、タブレットとWindowsサーバにプログラムをインストール後、電子フォームを作成/配布すると直ちに入力システムとして稼働することができます。

タブレット専用の入力システム

e.Formで入力システムを構築するまでの流れ

(1) 電子フォームの原版を画像(jpg/png)として登録する。
 e.Formサーバのデザイナーツールでフィールド(入力項目)などを設定する。
(2) e.Formクライアントへ電子フォームを配布(ダウンロード)する。
(3) 入力データとともに電子フォーム情報を送信(アップロード)する。
(4) 集積された電子フォーム情報を抽出(エクスポート)して、自社システムへ連携する。

e.Form 3つの特長

e.Formを利用することで入力システムを短期間で構築することができるのは、e.Formが以下のような特長を持っているためです。

現在ご利用中の書式をそのまま利用できるため、すぐに電子フォームの作成に取り掛かれます。

使い慣れた書式を利用

データベースは内蔵しており別途用意する必要がありません。しかも、電子フォームの作成と連動して自動的にデータベース作成作業が完了します。また、プログラミング言語も必要としないため短時間で電子フォームの作成が完了します。

データベースやプログラム言語の知識不要

タブレットの直感的な操作で電子フォームを扱うことができるため、ユーザの教育に時間を充てることなく、すぐに現場へ展開できます。

直感的な操作で教育不要


e.Form体験版のお申し込み

e.Formをご検討中のお客様に体験版のサーバ環境を用意しております。お客様のお手元のタブレット(iOSまたはAndroid)から、簡単にe.Formを体験することができます。ご希望の方は、下記のお問い合わせページより、「e.Form体験版希望」の旨をご連絡ください。お見積りやお問い合わせなど、お気軽にご相談ください。


関連製品/サービス

e.Form

e.Formは、タブレット端末を利用した電子フォームシステムです。紙の書式をそのままタブレットに表現するその独自技術は、特許を取得しています。ペーパーレス化によるコスト削減だけでなく、手書き情報をシステムに登録する作業負荷の軽減、書類の紛失・盗難などによる情報漏洩リスクの低減など、「紙」の入力業務にまつわるさまざまな業務改善を支援します。

  • タブレットを活用した入力システムを短期間で構築
  • サインと身分証の添付機能で申し込み処理にも対応
  • 手書き入力、外部データ参照などで入力負荷を軽減

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る