TOP>製品/サービス>課題から探す>低コストで始めるBI地図連携

低コストで始めるBI地図連携

BI地図連携の課題はコスト

地理情報と連動したデータ分析は、ビジネスを大きく飛躍させる可能性を秘めています。しかし、一般的に地図データは高価であるため、敷居の高い分析手段となってしまいます。

よくある課題

  • 地図データの購入費用/更新費用が高い
  • BIとGISの専門知識が足りない
  • 住所データのクレンジングをしなければならない

無料の地図データ「OpenStreetMap」を活用して分析しましょう

OpenStreetMap(OSM)とは、誰でも利用できるフリーの地理情報データを作成するプロジェクトです。このOpenStreetMap(OSM)を自社のBIツールに取り込むことで、低コストで地理情報と絡めた分析が可能となります。

OpenStreetMap(OSM)の詳細については、下記リンク先のサイトをご覧ください。

OpenStreetMapを活用して分析

QlikViewをご利用のお客様へ
地図連携ソリューションGeoQlikのご紹介

地図連携ソリューションGeoQlikは、QlikViewの拡張ソリューションです。地図分析に特化した機能を提供しており、QlikViewが持っている情報に位置情報を付与して、地図上で視覚的に分析することができます。

QlikViewにOpenStreetMapを取り込めば、簡単に地図分析を始めることができます。QlikViewのひとつのチャートとして動くため、QlikViewと同じ操作で、見たいところをクリック(ズーム)するだけで、地図上で連想しながら分析を深められます。

GeoQlikの特長

無料の地理情報データOpenStreetMapをベースマップとして採用することで、低コストでの地図分析を実現しています。

低コストなBI地図連携

QlikViewをお使いの開発者/分析者は、新たに特別な操作方法を覚える必要はありません。

どこに注目するか、どこと連動させるか、自由な切り口から地図上でも分析できるのは、QlikViewとまったく同じです。QlikViewのひとつの機能として、スムーズに利用を開始できます。

簡単なBI地図連携

国土数値情報ダウンロードサービスから都道府県/市区町村データをGeoQlikに取り込むことにより、俯瞰的な地図連携チャートをすぐに作成することができます。

地図上での位置関係を視覚的に把握できるため、地図上で連想しながら分析を深められ、意思決定をサポートできます。

スピーディーなBI地図連携

詳細はアシストの営業、または下記のお問い合わせボタンからご連絡ください。

QlikViewの地図連携ソリューションGeoQlikにご興味のあるお客様は、アシストの営業または下記のお問い合わせボタンよりご連絡ください。

詳しい製品紹介や、デモンストレーション、お見積りなど、お気軽にお申し付けください。

活用事例

らでぃっしゅぼーや株式会社

GeoQlikでエリア分析!地図上で集客プロモーションを企画し、事業のPDCAサイクルにQlikViewをフル活用

関連製品/サービス

QlikView

QlikViewは、大量データを簡単な操作で自由に分析できるインメモリBIツールです。従来のBIとまったく異なる革新的な分析ツールとして、世界中で注目を集めています。

  • 大量のデータから問題解決の糸口を見つける「発見型BI」
  • 独自の連想技術であらゆるデータを自由に分析
  • 今すぐ使えるフリーバージョンもダウンロード可能

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る