TOP>製品/サービス>課題から探す>システム監視の最適化

システム監視の最適化

システム監視における課題

ひとくちに「監視」といっても、その目的は様々です。しかし、監視対象や重要度などを意識せずに漠然と監視を行っているケースも多々見受けられ、以下のような声をよく耳にするのも実情です。

  • 現在の監視で必要十分だろうか。監視内容に不安がある。障害の検知漏れを無くしたい。
  • リソースの搭載量や割り当てが過不足なく行われていることを確認したい。
  • 障害が発生した際の原因究明に必要な情報を効率良く集めたい。
  • アプリケーション起因の障害が多いので、履歴と発生状況を把握したい。

システム監視の目的

解決策

目的に応じた監視内容の検討

監視の目的を明確化し、検知漏れや不要なアラート発生のない最適な監視によって、運用業務の効率化やサービス品質の向上につながります。アシストでは、監視項目を分類し、目的に合わせて監視内容を検討することをご提案しています。

監視レイヤと詳細度

監視レベル

効果

  • 障害の検知漏れ防止
  • IT投資の費用対効果を把握
  • 障害発生時の原因切り分けの迅速化
  • アプリケーションの品質改善

システム監視最適化ソリューション 〜ご提案例〜

お客様のニーズに合わせて、システム監視の改善提案をさせていただくことが可能です。以下にいくつかの例を挙げておりますが、「監視」でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

サービス障害検知の強化

仮想環境の監視強化

Oracleの障害予防/監視コスト削減

サービスレベル管理の強化

Webシステムの品質強化

Webパフォーマンス診断

関連製品/サービス

HPE SiteScope

HPE SiteScopeは、エージェントレス型のシステム監視ツールです。低コストで、死活監視からアプリケーション監視、パフォーマンス監視、ユーザレスポンス監視まで幅広く対応します。

  • エージェントレスで手軽にシステム監視を実現
  • システムインフラ全体を視野に入れた幅広い監視に対応
  • 誰でも簡単に導入/監視設定ができる操作性

詳細へ

JP1

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

  • システム全体の監視、ジョブ運用等の一元管理を実現
  • システム規模に合った最適な投資で開始可能
  • 様々なプラットフォームに対応

詳細へ

HPE Business Service Management

HPE Business Service Managementは、ビジネスサービスおよびビジネス・アプリケーションの可用性、パフォーマンス、効果を最適化します。サービスの利用者の視点、つまりサービスを利用する企業や顧客、パートナーの視点から、ビジネスサービスとアプリケーションの提供状況を監視できます。

  • サービス利用者の視点から応答時間/可用性を把握
  • サービス障害発生時の問題切り分け/調査スピードの向上
  • 蓄積された統計情報から根拠のある投資計画を実現

詳細へ

JENNIFER

JENNIFERはWebアプリケーションサーバのモニタリングのための、アプリケーション性能管理(APM)ツールです。ログ解析を必要とせず、アプリケーションの内部処理をダイレクトにモニタリングすることで問題の原因を劇的なスピードで切り分けます。

  • 全てのユーザリクエストを常時モニタリング
  • 数クリックで遅かったアプリケーション/SQLを特定
  • Webアプリケーショントラブル時の対処工数を大幅削減

詳細へ

iDoctor監視サービス

iDoctorはOracle Databaseの稼働状況を監視するサービスです。障害の徴候を事前検知し、アシストのサポートセンターが迅速な対応でお客様を支援します。

  • データベース稼動状況のリアルタイム監視
  • データベース監視コストの削減
  • サポートセンターを活用した迅速な障害対応

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る