TOP>製品/サービス>課題から探す>クライアント仮想化における負荷テストのポイント

クライアント仮想化における負荷テストのポイント

クライアント仮想化でよくある課題

クライアント仮想化環境における問題として、リリース後のレスポンス悪化が挙げられます。ハードウェアベンダーやクライアント仮想化ソフトウェアベンダーのベンチマーク試験の指標通りのリソースでサーバを用意したとしても、このような事態は発生する可能性があります。

クライアント仮想化でよくある課題


このような現象を未然に防ぐために、リリース前に運用を想定した負荷テストをすることが重要です。

クライアント仮想化における負荷テストのポイント

本番運用と同等規模のユーザ数でアプリケーションの動作検証を実施する

クライアント仮想化を構築する場合、アプリケーションにより消費するサーバリソースは大きく変動します。机上の計算である程度サイジングができるものの、そこで動かすアプリケーションによる挙動は大きく異なるため、リリース後の深刻なパフォーマンス劣化を招く可能性があります。そのため、本番運用と同等規模のユーザ数でアプリケーションの動作検証を実施することが必須となります。


性能目標の適切な見積り

2つ目の重要ポイントは、性能目標の適切な見積りです。同時接続数、単位時間あたりの処理数を見極め適切な負荷をかけることが重要です。多すぎても少なすぎても正しいリリース判定はできないため、そのシステムを使用するユーザ数やアクセスが集中する時間帯などの観点から分析しましょう。

一連のユーザ操作

一連のユーザ操作

クライアント仮想化環境の負荷テストはLoadRunnerにお任せ!

実運用に沿ったシナリオ作り

LoadRunnerでは、単純なログインセッションだけではなく、ユーザのアプリケーション操作をエミュレートして実運用に近い負荷のかけ方を再現できます。


幅広い対応環境

LoadRunnerは、Citrix XenApp / XenDesktopのICAセッションに対応し、国内外での実績が多数あります。最近では、Webブラウザ上からデスクトップやアプリケーションへアクセスするソリューション『Ericom AccessNow』にも対応しました。


負荷テストソリューションパック

アシストではLoadRunnerを利用した各種支援サービスを提供しております。ハンズオン形式で行う教育支援や、計画からテスト準備/実施、報告まで行う負荷テスト支援サービスなど、お客様のニーズに合わせてご提案します。

負荷テストソリューションパック


テスト結果レポート例

テスト結果レポート例1

テスト結果レポート例2

活用事例

商船三井システムズ株式会社

テストシナリオ4,000 大規模システムの総合テストを3ヵ月で完遂させた品質管理テストソリューション

関連製品/サービス

HPE LoadRunner

HPE LoadRunnerは、「負荷テストツール」の代名詞として国内外の実績に裏打ちされた信頼性の高い、多機能負荷テストツールです。

  • 実績No.1の負荷テストツール
  • 分析範囲、分析スピードもNo.1
  • 利用イメージが一発で分かるオートデモ公開中

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る