TOP>製品/サービス>課題から探す>Webシステムのリアルタイム監視

Webシステムのリアルタイム監視

ビジネス影響度の高いWebシステム、監視できていますか?

Webシステムにおけるシステムダウンやパフォーマンス劣化が許されないのは、ECサイトだけではありません。

社内の基幹システムにおいてもWeb化が進み、ビジネス機会の損失や業務遅延というリスクを抱える重要なWebシステムが増えてきています。

ビジネス影響度の高いWebシステム

アプリケーション視点の監視、サービス視点の監視が必要です

Webシステムの稼働状況監視は、システム視点のリソース監視だけでは不十分です。アプリケーション視点の監視、そしてサービス(利用者)視点での監視が必要です。それによってシステムのレスポンスをリアルタイムで確認することができ、”トラブルの予兆”にもいち早く気づくことができます。

アプリケーション視点の監視

Webシステムのアプリケーション内に流れてくるユーザからのリクエストをすべて取得しリアルタイムにモニタリングを行います。

リクエストを内部から監視することで、遅延が生じた際に、SQL応答等、どの部分の処理に時間がかかっているのかをひと目で確認することができます。また、内部的な問題調査に必要な情報を取得しているため、原因究明の際にも特定にかかる時間の削減を図ることができます。

アシストでは以下のような製品を活用したソリューションを提供しています。

アプリケーション視点の監視

サービス視点の監視

定期的にWebシステムに対しユーザが行う操作と同様の内容をリクエストしてそのレスポンスを計測します。

ユーザが実際に体感する応答時間をもって監視を行うため、レスポンスの遅延や万一の接続不能状況をいち早く検知することができます。また、サービス視点での監視としては、利用中のユーザリクエストをすべて取得し、Webシステム全体の性能を図ることも可能です。

アシストでは以下のような製品を活用したソリューションを提供しています。

サービス視点の監視

活用事例

岩谷情報システム株式会社

原因特定困難の性能低下問題を、アプリケーション可視化によりまたたく間に解決。

関連製品/サービス

JENNIFER

JENNIFERはWebアプリケーションサーバのモニタリングのための、アプリケーション性能管理(APM)ツールです。ログ解析を必要とせず、アプリケーションの内部処理をダイレクトにモニタリングすることで問題の原因を劇的なスピードで切り分けます。

  • 全てのユーザリクエストを常時モニタリング
  • 数クリックで遅かったアプリケーション/SQLを特定
  • Webアプリケーショントラブル時の対処工数を大幅削減

詳細へ

HPE Business Service Management

HPE Business Service Managementは、ビジネスサービスおよびビジネス・アプリケーションの可用性、パフォーマンス、効果を最適化します。サービスの利用者の視点、つまりサービスを利用する企業や顧客、パートナーの視点から、ビジネスサービスとアプリケーションの提供状況を監視できます。

  • サービス利用者の視点から応答時間/可用性を把握
  • サービス障害発生時の問題切り分け/調査スピードの向上
  • 蓄積された統計情報から根拠のある投資計画を実現

詳細へ

HPE SiteScope

HPE SiteScopeは、エージェントレス型のシステム監視ツールです。低コストで、死活監視からアプリケーション監視、パフォーマンス監視、ユーザレスポンス監視まで幅広く対応します。

  • エージェントレスで手軽にシステム監視を実現
  • システムインフラ全体を視野に入れた幅広い監視に対応
  • 誰でも簡単に導入/監視設定ができる操作性

詳細へ

JP1

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

  • システム全体の監視、ジョブ運用等の一元管理を実現
  • システム規模に合った最適な投資で開始可能
  • 様々なプラットフォームに対応

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る