TOP>製品/サービス>課題から探す>【ID管理】ID情報の突き合せ作業の自動化

【ID管理】ID情報の突き合せ作業の自動化

ID情報の突き合わせチェック工数負荷とデータ信頼性

不正アクセスの原因となる不要なIDをシステムに残さないようにするため、マスタとなるID情報とシステムに存在するID情報の突き合わせ作業が必要になります。
各業務システムのID情報を定期的に収集し、人事マスタ情報との突き合わせ作業を行う場合、システム毎にID形態が異なり比較チェックが難しくなりがちです。
また、手作業でチェックすることから、抜け漏れが起きる可能性があるため、信頼性に欠けてしまう可能性があります。

突き合わせチェックの自動化と定期的な実施

アシストでは、業務システムから自動収集したID情報と、マスタとなるシステムのID情報を自動で突き合わせチェックを行うソリューションをご提案しています。

ID情報の突き合わせをする為に必要な操作はプログラムの実行のみとなりますので、定期的なタイミングで工数をかけずに不要なIDが存在していないかチェックすることができます。
定期的に不要なIDをチェックし、不要なユーザの存在を発見して適切な対応を取ることで不正アクセスの予防に繋がります。
また、突き合わせを実施した結果はCSV形式でファイル出力され、IDの存在は「○」、「×」で表示される為、不要なユーザのチェック工数も削減します。

関連製品/サービス

ID棚卸キット

ID棚卸キットは、これまで個別に手作業で行っていた各業務システム固有のID情報の棚卸作業を自動化する、アシストオリジナル製品です。

  • IDの棚卸に特化したアシストオリジナル製品!
  • エージェントレスだから手軽にID情報の収集が可能
  • 1回のプログラム実行で突合せ処理まで完了

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る