TOP>製品/サービス>課題から探す>【ID管理】アカウントをメンテナンスする運用負荷の軽減

【ID管理】アカウントをメンテナンスする運用負荷の軽減

アカウントを登録、変更、削除する運用の負荷

業務システムのアカウント管理業務において、運用負荷の観点で以下のような課題が多く挙げられています。

  • 大幅な組織変更時に、業務システム側のアカウント権限変更作業が発生し、対応が夜間に及ぶ
  • 新入社員データの登録作業が入社日前に実施できず、前日に実施せざるを得ない
  • ユーザのパスワード忘れによる、パスワード再発行業務が頻繁に発生して本来の業務に影響を与えている

上記のように、「アカウントのメンテナンスが手作業」、「システム上、事前対応ができない」、「パスワードが各システムでバラバラ」等の原因により、アカウント管理の運用負荷が担当者に押し寄せることがあります。また、アカウント管理業務が滞ることがあれば、システムを利用するエンドユーザの生産性に影響する可能性があります。

アカウント・メンテナンスの自動化

アカウント管理の運用負荷を軽減する為には、アカウントの一元管理や業務システムへのアカウントの自動連携等の機能を持った統合ID管理システムの導入が有益です。

アシストでは、統合ID管理システムを実現する為、LDAP Managerを用いたソリューションを提供しています。LDAP Managerを用いることで、アカウント管理業務における課題を以下のとおり解決します。

  • アカウントのメンテナンスを一元管理する為、業務システム個別のアカウントメンテナンスが不要となり、大幅な組織変更時でも短時間で作業が可能
  • 配信日を設定できるため、事前に新入社員データの登録が可能
  • 業務システムごとに管理していたパスワードも統一できる為、利用者のパスワード忘れが減り、パスワード再発行業務の工数を削減可能

アカウント・メンテナンスの自動化

関連製品/サービス

LDAP Manager

LDAP Managerは国産のID管理ツールとして、日本のお客様の要望を元に開発されました。日本企業に本当に必要な機能、設定をシンプルに実装しているため、低価格で無駄のないID管理環境が構築できます。

  • 日本企業のニーズを盛り込んだ純国産統合ID管理ツール
  • 開発不要で設定のみでの統合ID管理環境の構築が可能
  • 低価格、短期間でID管理環境の実現が可能

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る