TOP>製品/サービス>課題から探す>【情報漏洩対策】ノートPC、スマートフォン、タブレットの紛失、盗難に備える3つの対策

【情報漏洩対策】ノートPC、スマートフォン、タブレットの紛失、盗難に備える3つの対策

従来のノートPCに加え、より携帯性の高いスマートデバイスのビジネス利用が広まっています。ここでは、拾った第三者が不正に個人情報にアクセスしたり、情報を持ち出してしまうリスクを防ぐ3つの方法をご紹介します。

紛失/盗難

3つの紛失/盗難対策

1. 暗号化で保護

暗号化で保護

紛失/盗難対策といえば、まずは暗号化です。暗号化ソフトを導入することで、PCやスマートデバイスだけでなく、USBメモリやCD/DVDのメディアも暗号化し、紛失/盗難時の情報漏洩をブロックしましょう。

また、暗号化状況を定期的に確認することにより暗号化漏れをチェックすることも必要です。
アシストでは以下のソフトウェアをご提案しています。

2. リモートロック/リモートワイプ/位置情報取得

スマートデバイスの紛失/盗難時には、MDMソフトによるリモート操作で即座にスマートデバイスをロック、もしくはワイプ(初期化)することで、端末内の顧客情報や重要なデータの漏洩を防ぎます。また、位置情報をもとに、紛失した端末の行方を調べることも可能です。

また、Webの管理ページを提供しているMDMソフトであれば、いつでも、どこからでもリモートロックやワイプ、位置情報の確認ができるため、迅速な対応につながります。
アシストでは以下のソフトウェアをご提案しています。

リモートロック/リモートワイプ/位置情報取得

3. クライアント仮想化

クライアント仮想化

クライアント仮想化により、スマートデバイス側に会社の重要なデータを一切保存せずに、リモートにある自分のデスクトップ、メールや業務アプリケーション等にアクセスし、画面データだけをモバイルデバイス上に表示できます。データはデバイス上に残らないため、紛失/盗難時も情報が漏洩する心配はありません。
アシストでは以下のソフトウェアをご提案しています。



関連製品/サービス

秘文

情報漏洩リスクから企業を守るセキュリティ・ソフトウェア。情報を暗号化し、不正利用を防止する紛失・盗難対策をはじめ、各種デバイスやメール添付ファイル、Webアップロード、マルウェアなどからの情報持ち出しや流出を制御します。

  • 実績豊富なセキュリティ対策 (暗号化/持ち出し制御)
  • PC、メール、Webからスマートデバイスまで幅広く対応
  • 1ライセンスから購入可能なライセンス体系

詳細へ

Ericom

Ericomは、どこでも・どんなデバイスからでもVDIやアプリケーションへのセキュアなアクセスを可能にするクライアント仮想化製品です。その技術を利用した「インターネット分離ソリューション」(組織内のネットワークと端末をマルウェアなどのWeb経由の脅威から守る製品)もラインナップ。組織の働き方改革や、セキュリティ対策を支援します。

  • 価格は他社製品の約3分の1、VDIなら1ユーザ1万円以下
  • 業界初のHTML5対応、ブラウザだけでデスクトップ接続
  • RDPを5倍~25倍に高速化、快適なリモートアクセス実現

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る