TOP>製品/サービス>課題から探す>【特権ID管理】特権ユーザに対するアクセス制御

【特権ID管理】特権ユーザに対するアクセス制御

絶対的な権限を持つことから、不正アクセスのターゲットとしても狙われることも多いrootやAdministratorユーザ。しかし、特権ID管理ソフトウェア「CA Privileged Identity Manager(以下、PIM)」を使えば、この絶対的な権限を制御できてしまいます。

特権ID管理、こんな課題はありませんか?

課題

  • rootの乱用に対する対応が難しい
  • 運用ルールでの制御は難しいため、システムで制御したい

PIMで解決!特権IDのアクセス制御

特権IDに対する制御

PIMでは、これらの特権IDに対しても、他の一般ユーザのIDと同様のアクセス制御を行うことができますので、万が一奪われてしまった場合でも、リスクを最小限に抑えておくことができます。

特権IDに対する制御

特権IDも一般ユーザIDと同等にアクセス制御可能!

OSの特権IDであっても一般ユーザIDと同様にアクセス制御が可能なため、業務上不要な操作を未然に防止することができます。また、特権IDになりかわりができるユーザIDを指定することができるため、特権アカウントの乱用を未然に防止することができます。

特権ID管理についてもっと詳しく知りたい方へ

特権ID管理を実現するソフトウェア、PIMについての関連資料を無料でダウンロードいただけます。

ライセンスの考え方や機能、システム要件といった製品の基本情報から、特権ID管理のよくある課題と解決策といった読み物により、貴社の効率的でセキュアな特権ID管理の実現イメージをもう一歩、具体化していただけます。どうぞお気軽にご利用ください。

関連製品/サービス

CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)

CA Privileged Identity Managerは、OSユーザのアクセス管理を行なう製品です。アカウント管理、アクセス制御、アクセスログの取得などにより、重要なデータやアプリケーションを保護します。

  • OS機能では不可能な特権IDのアクセス制御を実現
  • 監査対応に有効な詳細で解りやすいアクセスログ
  • 特権/共有ID管理を低コストで実現

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る