TOP>製品/サービス>課題から探す>【情報漏洩対策】スマートフォンやタブレットから利用するデータをどこに置くか

【情報漏洩対策】スマートフォンやタブレットから利用するデータをどこに置くか

スマートフォンやタブレットの普及によるデータ活用シーンの多様化とセキュリティ対策

企業におけるIT活用の本質はデータ(情報)活用であり、『データ活用への意識の差』が企業経営の明暗を分ける時代が来ています。一方で、データの流出は企業存続の根幹を揺るがすことにもつながります。

つまりデータは、企業において護るべき重要な資産の一つであり、様々な脅威に対する情報漏洩対策が必要となります。特に、BYODやクラウドの普及により、データの物理的な所在が不特定になる中、いわば企業ITのフロントとして比重が大きくなるスマートフォンやタブレットのセキュリティ対策は、利用シーンやデータの物理的所在に応じて、適切な対応が求められています。

「データをどこに置くか」で変わる、リスクと対策

「データをどこに置くか」によって、発生する脅威は変わります。それぞれのケースに応じた適切な対策が必要です。


1.データを社内のみに置き、スマートフォンやタブレットから利用するケース

データを社内のみに置き、スマートフォンやタブレットから利用するケース

スマートフォンやタブレットから社内システムにアクセスしてデータを利用する場合、悪意をもったユーザによる盗聴や不正アクセスといったリスクがあります。

また、一般ユーザでも、ルールを無視して重要データをスマートフォンやタブレットに保存したり、私用端末から不正に接続するといったリスクが考えられます。それ以外にも複数のシステムにログインするためのパスワード忘れや、パスワードをメモするといった課題もあります。

アシストでは上記の課題を解決するために、以下のような製品を活用したソリューションを提供しています。


2.データをスマートフォンやタブレット上に保持するケース

データをスマートフォンやタブレット上に保持するケース

スマートフォンやタブレットへのデータ保持やアプリケーションの利用を許可して業務利用する場合、スマートフォンやタブレットそのものの紛失/盗難が大きなリスクとなります。

一般ユーザが業務で利用する場合、端末のJairbreak / root化による不正利用や、不正サイト接続/不正なアプリケーションの利用によるウイルス感染/情報漏洩などのリスクがあります。また、管理者側においても、端末の資産管理等の負荷が増大するというリスクがあります。

アシストでは上記の課題を解決するために、以下のような製品を活用したソリューションを提供しています。


3.データをクラウドストレージに置き、スマートフォンやタブレットから利用するケース

データをクラウドストレージに置きスマートフォンやタブレットから利用するケース

クラウドストレージを利用してデータの共有をする場合、クラウドストレージのID/パスワード流出による情報漏洩リスクがあります。さらに、クラウドストレージの提供ベンダーはストレージ上のデータを閲覧することも出来てしまいます。

また、データを共有する際、設定ミスなどによって本来であれば参照権限のないユーザ範囲までデータを共有/公開してしまうというリスクも発生します。

アシストでは上記の課題を解決するために、以下のような製品を活用したソリューションを提供しています。


関連製品/サービス

秘文

秘文は、様々な場面における情報漏洩リスクから企業を守るセキュリティ・ソフトウェアです。情報を暗号化し、不正な利用を防止する紛失・盗難対策をはじめ、各種デバイスやメール添付ファイル、Webアップロードなどによる情報の持ち出しを制御します。

  • 実績豊富なセキュリティ対策 (暗号化/持ち出し制御)
  • PC、メール、Webからスマートデバイスまで幅広く対応
  • 1ライセンスから購入可能なライセンス体系

詳細へ

Optimal Biz

Optimal Bizは、スマートデバイスの管理やセキュリティ対策をブラウザ上からカンタンに実現することができるMDM(Mobile Device Management) 製品です。

  • 小規模から大規模まで数多くの実績
  • 異なるキャリアの端末も全て一元管理・制御が可能
  • 純国産製品でサポートも安心、対応機種も充実

詳細へ

Ericom

Ericomは簡単に、低コストで導入できるクライアント仮想化ソリューションです。独自のRDPアクセラレーターとHTML5ブラウザクライアントから仮想デスクトップ(VDI)や仮想アプリケーション(RDS/TS)に対して、いつでも・どこでも・どんなデバイスからでも高速アクセスを可能にし、ワークスタイル改革を支援します。VDIやシンクライアントの仕組みはコストが高いと敬遠してきた方にピッタリの、シンプルかつ効果的な新しいクライアント仮想化ソリューションです。

  • 価格は他社製品の約3分の1、VDIなら1ユーザ1万円以下
  • 業界初のHTML5対応、ブラウザだけでデスクトップ接続
  • RDPを5倍~25倍に高速化、快適なリモートアクセス実現

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

セキュリティに関するその他の課題

ページの先頭へ戻る