TOP>製品/サービス>課題から探す>Windows Server 2003サポート終了にともなうCitrixバージョンアップ

Windows Server 2003サポート終了にともなうCitrixバージョンアップ

Windows Server 2003サポート終了にともなうCitrixバージョンアップ

Windows Server 2003のサポート終了による影響

Windows Server 2003の「脆弱性」が標的となる

2015年7月15日(日本時間)、「Windows Server 2003」のサポートが終了しました。
OSのサポート終了後は、新たな脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されません。脆弱性が狙われて、「サーバが乗っ取られる」「業務が停止する」「機密情報が漏洩する」といった被害に遭う可能性があります。

脆弱性は、昨今問題となっている内部不正への悪用も懸念されているため、企業・組織のリスク回避の観点から、「Windows Server 2003」を利用しているシステムは、早急に後継システムへ移行する必要があります。しかし、サーバOSの移行は、クライアントOSの移行よりも時間を要することが予想されます。なぜなら、サーバOSは、ファイルサーバ、Webサーバ、ActiveDirectoryといった業務システムの根幹を担っていることが多く、システム間の影響範囲まで考慮すると、移行には相当の準備期間を要すると思われます。早めの移行をご検討ください。

移行が必要なXenDesktop、XenAppバージョン

Windows Server 2003(R2含む)に対応するXenDesktop、XenApp製品は以下の通りです。

● Windows Server 2003対応のCitrix製品

製品名 バージョン
XenDesktop XenDesktop2
XenDesktop3
XenDesktop4
XenApp MetaFrame Presentation Server3
Citrix Presentation Server4
Citrix Presentation Server4.5
XenApp4.5 FP1
XenApp5.0

上記のバージョンはすべて、Citrix社とMicrosoft社のサポートが終了しており、大きなセキュリティリスクにさらされます。現在、上記のCitrix製品をWindows Server 2003上で稼働させている場合は、後継バージョンへの移行を早急にご検討ください。

Citrixバージョンアップ時の注意点

バージョン7.0からアーキテクチャが大きく変わった

2013年7月にリリースされたバージョン7.0は、従来のバージョンとはアーキテクチャが大きく異なります。これまで、XenDesktopとXenAppはそれぞれ異なるアーキテクチャで稼働していましたが、バージョン7.0からはXenDesktop側のアーキテクチャに統合されました。そのため、既存のXenAppユーザ様は特に大きな影響を受けます。なぜなら、これまでXenAppに標準搭載されていた機能が無くなったり、インターフェースが変わっているため、エンドユーザやシステム管理者へ及ぼす影響が大きいのです。

実際、Citrix XenAppの既存ユーザ様から、「既存のCitrix構成(設定)のまま、最新バージョンアップへ移行したい」といった要望を多くいただきます。しかし、構成の維持は簡単ではありません。まずは現行環境がどのような構成・設定になっているかを調査してから、お客様のご予算や移行に避ける工数を考慮したうえで、適切なバージョンを提案させていただいております。

下の表は「バージョン別の移行難易度」です。XenAppユーザがバージョン7.xへ移行するパターンが、一番難易度が高いことが分かります。

● バージョンアップの移行難易度(参考)

現行バージョン 移行先のバージョン 移行難易度
XenDesktop2
XenDesktop3
XenDesktop4
XenDesktop7.6 (2012R2までが稼働対象) ※2
MetaFrame Presentation Server3
Citrix Presentation Server4
Citrix Presentation Server4.5
XenApp4.5 FP1
XenApp5.0
XenApp6.5 (2008R2までが稼働対象) ※1 ※2
XenApp7.6 (2012R2までが稼働対象) ※2

  • ※1 XenApp6.5は、2016年8月24日にメーカーサポートが終了します。
  • ※2 一般傾向です。お客様が現在どのような機能を使われているか、今後どのような機能を使いたいかによって難易度は変動します。

Citrix XenApp/XenDesktopのバージョンアップ時に考慮すべき5つのポイント

XenDesktopやXenAppを最新バージョンアップへ移行する際に、最も考慮すべきことは「設計」です。移行したい機能や使い勝手はどれなのか、旧バージョンと運用が異なる点はどこなのか、事前に把握し、適切な設計を行う必要があります。設計の初期段階からCitrix専任技術者立ち会いのもと、プロジェクトを開始されることを強くお勧めいたします。

ここでは、バージョンアップ時に特に注意すべき5つのポイントについてご紹介します。


1. サーバサイジング

Citrix製品は、利用するバージョンによってリソースの消費量が変わります。

特に顕著なのは「メモリ」の使用量です。例えば、XenApp5.0(Windows Server 2003)を利用した場合、メモ帳(notepad.exe)を1回起動した時に消費されるXenAppサーバのメモリ使用量は「40MB」程度ですが、XenApp7.6(Windows Server 2012 R2)を利用した場合、「50MB」程度のメモリが消費されます。XenApp7.6固有のプロセスが追加されたためです。1ユーザ当たりのメモリ消費量が増えれば、XenAppサーバに搭載すべきメモリも数百MB~GBの単位で増加します。メモリ使用量以外にも注意すべき点はあるため、入念にサイジングする必要があります。

2. 移行後のWindows Server OSでのアプリケーション動作検証

古いバージョンのXenApp、XenDesktopで稼働していたアプリケーションが、移行後のWindows Server OS上で正常に動作するか検証が必要です。

特にXenAppの場合は注意が必要です。対象の業務アプリケーションが、Windows Server 2003や32bit上でしか動作しないがゆえに、古いバージョンのXenAppを利用していたユーザは多いです。そのため、Windows Server 2008 R2や2012R2へ移行する際は、XenAppのデフォルトの機能で正常動作するのか、あるいは特殊な設定を行わなければならないのか、事前に検証が必要です。

3. 構成の変更

バージョン7.0から、構成が大きく変わりました。

XenApp6.5までは、XenAppとXenDesktopはそれぞれ異なるアーキテクチャで動作していました。しかし7.0以降、XenDesktopのアーキテクチャに統合されました。そのため、特に既存のXenAppユーザは、システム構成をはじめ、サービスレベルや運用面での事前シミュレーションが必要です。


4. 機能の変更

バージョン7.0から、製品に付随する機能も大きく変わりました。

置き換わった(無くなった)機能の中で、メジャーなものを以下に記載します。現在利用されている機能が含まれている場合は、注意が必要です。代替機能で同等レベルの要件が満たせるのか、細かく動作検証を行う必要があります。

● 置き換わった製品/機能名(参考)

製品/機能名 代替製品/機能名
Web Interface StoreFront(※但し、WebInterface5.4であれば利用可能)
Secure Gateway NetScaler Gateway VPX(※但し、別途ライセンスが必要)
Shadowing Microsoft Remote Assistance
Streamig Apps Microsoft App-V
EdgeSight Director
Online Plug-in Full / Citrix Receiver Enterprise Store
ローカルホストキャッシュ Microsoft SQL Serverのミラーリング/クラスタ
ハイパーバイザのHA(High Availability)
接続リース機能
Oracle、Accessデータベース Microsoft SQL Server


5. ユーザインターフェースの変更

バージョン7.0から、インターフェースも大きく変わりました。

特に差が顕著なのは、ユーザのログオン画面とシステム管理者が利用する管理コンソールの画面です。ログオン画面やログオンURLの変更は、ユーザに与える影響が大きいため、事前に、操作手順のレクチャー、移行スケジュールの説明など、入念な準備が必要です。また、管理コンソールが変わったことで、各種設定方法が変わったため、システム管理者は一から設定・運用方法を習得する必要があります。

● ユーザログオン画面

 旧バージョン

 新バージョン

● 管理コンソール

 旧バージョン

 新バージョン

アシストの導入実績と保守サポート

導入実績600社以上、お客様満足度4年連続96%以上!

アシストは2001年にCitrix製品の取り扱いを開始して以降「600社以上」の導入実績がございますので、製品の新規導入に限らず、既存環境のバージョンアップやリプレース、部門利用の横展開まで、あらゆるご相談にお応えできます。

Citrixパートナー社数

また、製品導入後も、お客様の環境や運用体制に合わせた最適なサポートサービスをご提供します。
開発元であるCitrix社より「仮想化におけるスペシャリスト 」の認定を受けたエンジニアが、Citrix製品の障害調査・設定方法・運用に関するご相談を含め、あらゆるお問い合わせにお応えします。さらに、アシストのサポートサービスは問い合わせ回数に制限のある「インシデント制」ではなく、回数無制限です。CPS4.5やXenApp5.0/6.0などメーカーサポートが終了したバージョンや、他社様にて導入された環境であったとしても、高品質なサポートと豊富な技術ナレッジを提供する点が高く評価され、お客様満足度は4年連続96%以上を達成。
今後も、Citrix製品の安定運用とお客様の製品活用を強力にサポートします。

下記リンクより、アシストのサポートセンターが誇る5つの特徴と、サービスをご利用いただいているお客様の「声」を掲載しておりますので、ぜひご覧ください!

アシストの保守サポートについて詳しく知りたい方はこちらへ


お気軽にご相談ください

パンフレットのダウンロード

製品パンフレットのダウンロードはこちら

評価版のお申し込み

製品評価版のお申し込みはこちら

お見積り/お問い合わせ

バージョンアップやお見積のご相談、製品紹介やデモンストレーションのご要望など、お気軽にお問い合わせください。

関連製品/サービス

Citrix XenDesktop / XenApp

Citrix XenDesktop、XenAppの導入ならアシストへお任せください!
Citrixは世界中で利用されているデスクトップ&アプリケーション仮想化ソリューションです。アシストは、最上位のCitrix認定販売パートナー「Platinum Solution Advisor」として、14年の提案ノウハウを有します。お客様への最適な構成のご提案から、構築・運用・保守までワンストップでサービスをご提供し、お客様のワークスタイル変革の実現を支援します。

  • デスクトップ仮想化のデファクトスタンダード
  • いつでもどこでもどんなデバイスからもオフィス環境
  • 高品位なユーザー体験を提供

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る