TOP>製品/サービス>課題から探す>RDP接続の高速化

RDP接続の高速化

リモートデスクトップ接続の高速化

狭帯域回線や海外拠点からのRDPアクセスを「高速化」

『アメリカやヨーロッパ、東南アジア等の海外拠点から国内のRDPサーバにつなげて使っているが、レスポンスが遅くて使い物にならない…』

こんな課題をお持ちではないでしょうか?
Ericom Blaze なら、接続先のRDPサーバにサーバモジュールをインストールするだけで、マルチデバイスからのRDPアクセスを改善します(状況によっては改善できない場合もあります。)

1.Ericom Blazeの3つの特長


RDPを上手に圧縮転送

ユーザの設定に応じた画像圧縮を行い、接続するRDPサーバ間のネットワーク遅延を考慮して適切なデータ転送を行います。

簡単導入

RDPホストとRDPクライアントに入れるモジュールは小さく、インストールは5分程度で完了します。

幅広い対応環境

Windows以外のモバイルデバイスにも対応。RDPホストは物理/仮想、クライアント/サーバOSいずれにも対応しています。

2.Ericom Blazeの効果が発揮されやすい利用例


●アメリカやヨーロッパなど、ネットワーク遅延が大きい拠点から利用する
●回線スピードが遅い拠点から利用する



端末の周辺機器を利用しない場合は、端末側にネイティブクライアントのインストールが不要な、Ericom AccessNow もご検討ください。Blazeの技術が利用されているため、ほぼ同等のパフォーマンスが得られます。


Ericom Blazeの効果を今すぐ体感していただけます

Ericom Blazeの評価版を無料でダウンロードいただけます。
評価版は、インストールしてから「30日間」全ての機能が利用できます。最大同時アクセス数は「50ユーザ」です。30日間経過後は、評価版としての利用ができなくなります。ライセンスをご購入いただき、アクティベーションを行うと、同じ環境を継続してご利用いただけます。同じマシンに評価版を再インストールしても、再度30日間の評価を行うことはできませんのでご注意ください。

Ericom Blazeの詳細が知りたい方へ

blaze


製品情報はこちら

Ericom Blazeのユーザ利用イメージや、システム構成、転送技術などの詳細な製品情報について知りたい方はこちらをご覧ください。

お見積り/お問い合わせ


お問い合わせはこちら

Ericom Blazeに関するご質問やご相談、製品デモンストレーションのご依頼などは、お気軽にご連絡ください。
お客様のご要望に応じて、専任のスタッフが対応させていただきます。




Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る