Qlik Trainingブログ

  • SaaS
2022.03.04

Qlik Sense SaaSアプリサイズの制限とサイズの確認方法

最近はQlik Senseを「SaaS」でご利用スタートされるお客様が多くなっています。SaaS版は従来のオンプレミス版に比べ、サーバーの準備が不要であること、そして導入後もサーバー管理・バージョンアップが不要であることが最大のメリットです。
ただし、Qlik Senseアプリで利用できるデータサイズには上限が設定されており、その制限の範囲でアプリを作成/運用することが必要です。
本記事ではQlik Sense SaaSのアプリサイズの制限とサイズの確認方法をお伝えします。

目次

※本記事は2022年3月時点の[SaaS]で作成しています。

Qlik Sense SaaS アプリサイズの制限について

Qlik Sense SaaSにおけるサイズの上限については次の2点があります。
(2022年3月時点の情報です。変更されることがありますのでご了承ください。)

▼1度にQlik Sense環境へアップロード可能なファイルのサイズは6GBまで
こちらは、Qlik Senseへアップロードして利用するデータソースファイルの制限となっています。1ファイルあたりのサイズとなるので、6GB以下の複数ファイルをアップロードすることは可能です。
(※参考:Qlik Sense Cloudヘルプ「スペースへのデータファイルの追加 」)

▼1つのアプリの最大サイズはメモリ展開時に5GBまで
こちらは、Qlik Senseで作成するアプリのメモリ展開時のサイズを示しております。Qlik Senseはアプリに対象データを取り込み、アプリ利用時にはメモリ上にデータを展開することで快適なレスポンスを実現します。アプリ自体のサイズではなくアプリ展開時のメモリサイズとなる点にご留意ください。
(※参考:Qlik Sense Cloudヘルプ「Qlik Sense容量 」)

Qlik Sense SaaS アプリサイズの確認方法

上述の制限のうち、データソースファイルのサイズはご確認いただけると思いますが、メモリ展開時のサイズとなると「ん?どういうこと?」と迷われたのではないでしょうか。実際のところ、アプリに取り込む時点で高圧縮されたりアプリの作り方によっても状況が変わるので、単純にデータソースファイルのサイズ通りというわけにはなりません。

ではこの「アプリのメモリ展開後のサイズ」を、どのような手順でどこから確認すればよいのか、ご紹介します。

既に作成済みのアプリで確認する場合

操作はとても簡単です。
公開されているアプリの右下[…]をクリックし[詳細]を開きます。

1.[…]をクリック

2.[詳細]を開きます

[メモリ]の数字が、アプリのメモリ展開後のサイズとなります。

Qlik Sense SaaSのご購入前に確認したい場合

Qlik Sense SaaSをご購入前に、お手持ちのデータでアプリ展開時のサイズを確認したいという場合は、30日間の無償トライアル環境「Qlik Sense Business」をご利用いただくことがおすすめです。
Qlik Sense Businessでは、サイズの上限が5GBではなく1.25GB(*)に設定されていますので、その点はご了承いただくことになりますがひとまずの目安としていただければと思います。

■Qlik Sense Business 30日間トライアル
 https://www.ashisuto.co.jp/pa/download/sense-business-trial.html

さいごに

この記事では、Qlik Sense SaaSの「データサイズの制限」と「アプリのメモリ展開時のサイズの確認方法」についてお伝えしました。

Qlik Senseではデータ取り込み時に独自の技術でデータが圧縮されるため、元のファイルサイズよりもアプリサイズが小さくなることがあります。圧縮率はデータの種類によっても異なるため、「データソースファイルが5GBを超えているから」という理由でQlik Sense SaaSの利用を諦めるのではなく、まずはQlik Senseに実際に取り込み、自社のデータだとどれくらいの圧縮率か、アプリサイズが問題なさそうかなどご確認いただければと思います。

もしサイズがオーバーしてしまった場合も、アプリを分けたり、Qlik独自のデータファイル形式にデータを変換したりするなど対応可能ですので、お困りの際はぜひ弊社までご相談ください。

関連している記事

  • SaaS
2022.04.27

Qlik Senseで日付データを使いこなす!「年度」や「四半期」などの作成方法

Qlik Senseは簡単な加工を行うことで「年度」や「四半期」「曜日」など様々な時系列の分析軸を作成できます。「年度」や「四半期」、「曜日」などもまとめてご紹介します。

  • SaaS
2022.04.21

SaaS機能をフル活用!PDFレポートのメール配信

PDFレポートをメール配信する方法をご紹介します。

  • SaaS
2022.01.05

Qlik Application Automation活用術#アプリの連続リロード

今回は「Qlik Application Automation」の活用方法として、テンプレートでも提供されているQlik Senseのアプリリロードの「タスクチェーン」を例に挙げ設定方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る