TOP>セミナー/イベント>開催報告>Progress Corticon 体験セミナー(ハンズオンセミナー)

Progress Corticon 体験セミナー(ハンズオンセミナー)

2014年12月、Progress Corticonのハンズオンセミナーを開催しましたので、簡単ではありますがレポート形式でお届けします。

本セミナーは毎月開催しており、無料でご参加いただけます。最大10名様程度の少人数制セミナーで、Progress Corticonを実際に体験利用していただくことができます。製品をより深く理解できる場として、多くのお客様に大変ご好評をいただいております。

Progress Corticon 体験セミナー


BRMS、そのメリットとは

Progress Corticonは、ビジネスルール管理システム(BRMS)という分野の製品です。BRMSはシステム開発の課題を革新的に解消できる可能性があるとされ、ここ数年で飛躍的に注目を集めています。企業の競争力強化のための“銀の弾丸”になり得るとも言われています。

ポイントとなるのはビジネスルールの素早い改変です。ビジネスルールとは、業務要件やビジネスの制約をルールとして定義しているものを指しており、法律、法令、約款、社内規程、業務マニュアルなど幅広く該当します。

このビジネスルールを自由自在、スピーディに操作できるのがBRMSです。具体的な導入効果の例として以下のような事例をご紹介しました。

  • 金融大手様にて、従来に比べ8倍のスピードで新商品の開発が高速化
  • 保険大手様にて、一定期間内における生産性が3倍に向上
  • 製造大手様にて、開発効率が90%向上

また、従来型の開発フローと、BRMSを利用した開発フローを比較し、どの過程が圧縮されるのかを具体的にご説明しました。

BRMSの開発例として、「マイナンバー制で健康保険証に本人証明能力がついた場合の銀行口座の解約時ルールを追加したら?」という具体例を用いてBRMS導入のメリットをご紹介しました。

Progress Corticonのご紹介

Progress Corticonの主な特徴

業務アプリケーション開発の効率化にこだわり続けて30年というProgress社の紹介から始まり、Progress Corticonが「次世代BRMS」と呼ばれる所以をご紹介しました。

また、製品構成、特徴、Progress Corticonならではの注目ポイント等を図解でご説明しました。


Progress Corticonハンズオン

いよいよハンズオンによる、Progress Corticonの体験利用です。手元に用意されたPCで、Progress Corticonを実際に操作し、ビジネスルールの実装作業、ルール変更作業などを体験していただきました。

今回は、銀行における口座解約時の処理を例題として、作業の流れをご紹介しました。非常に簡単な画面操作で作業が完了します。

Progress Corticon


導入事例のご紹介

最後に、Progress Corticonの導入/活用事例をご紹介しました。Progress Corticonは様々な業種業態で活用されています。

  • 世界的規模のオークションサイトにおける大量アクセスに対する導入事例
  • 鉄鋼業企業における複数工程ルールを処理する導入事例
  • 国内生命保険企業における複雑な引受査定を処理する導入事例

セミナーのご案内

Progress Corticon 体験セミナー

本セミナー(Progress Corticon 体験セミナー)は、毎月開催しており、無料でご参加いただけます。製品資料やデモンストレーションだけでなく、ぜひ実際に製品の操作を体験してみてください。お客様のご参加を心よりお待ちしております。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る