TOP>セミナー/イベント>開催報告>特別講演 山本 昌 氏 「継続する心」

特別講演 山本 昌 氏 「継続する心」

アシストフォーラム 特別講演 山本 昌 氏

Guest Speaker

スポーツコメンテーター(元プロ野球選手)
山本 昌 氏


1965年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。1984年に入団して以来、32年間中日ドラゴンズ一筋で活躍した。プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、数々の最年長記録を樹立している。3度最多勝に輝き、1994年には沢村賞を受賞。2006年には史上最年長でのノーヒットノーラン、2008年には通算200勝を史上最年長で達成した。またプロ通算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録しており、また40歳以降も46勝を上げた「中年の星」、「レジェンド」として記録にも記憶にも残る名投手として知られる。

奇跡のような出来事

中日ドラゴンズで多くの最高記録を残し、ファンに愛されてきた山本氏は、50歳で現役を引退するまで32年間野球を続けられ幸せな人生だったと振り返る。しかし、そこには奇跡のような出来事、出会いがあった。

補欠の中学時代は毎日4キロ走り、素振り100回。その甲斐あって中学3年の最後の大会で、腰を悪くしたチームのエースに代わり投げるチャンスが与えられ、それにより野球が強い日大藤沢高校に進学。そこでは先輩投手(現 前橋育英の荒井監督)に倣い、共に毎朝6キロのロードワークをこなした。高校3年時は選抜チームで繰り上がりのエースとして韓国の選抜チームと戦い、勝ってドラゴンズに指名された。

今の自分は、10年後の自分より若い

プロの世界は厳しかった。鳴かず飛ばずでクビを覚悟した5年目、星野監督から米国留学を命じられ、そこで出会ったコーチ、アイク生原氏のお蔭で成績が上がり、スクリューボールをたずさえて帰国。一軍で活躍できるようになった。

40歳になってからは若い頃の倍の時間をかけて練習し、大好きなラジコンやクワガタの飼育を封印して心身のメンテナンスに充てたという。人生は一度。怠ることなく準備をし、モチベーションを持ち続けること。やりたいことがあるなら、ぜひ今、始めて欲しいと山本氏。「もうトシだから」。そんなことはない。今の自分は10年後の自分よりも若いのだから、と熱く語った。

関連記事


アシストフォーラムに関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お気軽にお問い合わせください。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る