TOP>セミナー/イベント>開催報告>講演報告:日立ソリューションズ、アシスト主催イベントでHadoop活用ソリューションをご紹介

講演報告:日立ソリューションズ、アシスト主催イベントでHadoop活用ソリューションをご紹介

情報活用につなげるHadoop利用事例と構築ソリューション


6月18日(木)に、日立ソリューションズ様、アシスト主催セミナー「イノベーションの鍵はお客様の真意を掴むことにあり! ~情報をインテリジェンスに昇華するデータアナリティクスとは~」においてHadoop活用ソリューションご紹介の講演を行ないました。

本セミナーでは、世界中のイノベーション創出事例において、蓄積された情報をインテリジェンスに昇華するためのITによる実現方法についてご紹介しました。アシストからは「情報活用につなげるHadoop利用事例と構築ソリューション」と題して、これまでのHadoop活用事例に見るシステム適性や成功要因をご紹介しました。また、BIシステム構築工数の70~80%を費やすと言われるデータ収集や事前加工を最適化するためのHadoop基盤ソリューションについてご説明しました。

株式会社アシスト
情報基盤事業部 製品統括部  宮本 玲

企業にとって情報活用の重要性が高まり続ける中、爆発的に増加するデータをビジネスに活用するための機運が、さまざまなテクノロジーの出現とともに高まっています。

データウェアハウスを中核とした従来型の情報活用基盤では、データ量の増大にともない、コストパフォーマンスの低下を引き起こしかねません。そこで注目を集めているのが、Hadoopを利用した新たな情報活用基盤です。

この仕組みにより、データと処理がコストパフォーマンスの良い環境に移動することにより、分析に特化したデータのみを生成することを可能にします。その結果、分析や統計の精度が高まり、従来は埋もれていたようなデータの発掘が、ビジネスを進化させるアクションにつながります。

アシストでは、このビッグデータをビジネスで効果的に利活用する仕組みであるHadoopを、データウェアハウスの課題を解決するソリューション「御まとめHadoopパック」としてご提供いたします。

これにより、増え続けるデータの最適化を低コストで効率よく簡単に行い、Hadoopのメリットであるスケーラビリティを生かした環境が今すぐ実現される だけでなく、データウェアハウスを経由せず迅速なデータ分析までを安定的に行えるようになり、企業競争力の向上に大きく貢献します。


関連製品/サービス

Syncsort DMX-h

Syncsort DMX-hは、世界最速ETLソフトウェアであるSyncsort DMExpressをスケーラブルなHadoop環境と融合させた、新時代の情報活用を支えるビッグデータ蓄積処理基盤のバッチ処理エンジンです。

Syncsort DMX-h

関連情報

ホワイトペーパー「DMX-h Hadoop最適化ソリューション」

DMX-h Hadoop最適化ソリューション ホワイトペーパー

本ホワイトペーパーでは、デジタル市場分析で世界をリードするcomScore社がビッグデータの処理性能とコストを飛躍的に改善させた事例を交えて、DMX-h Hadoop最適化ソリューションについてご紹介します。


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る