TOP>セミナー/イベント>開催報告>開催報告:明日から使える分析手法を学ぶ実践データ活用塾

開催報告:明日から使える分析手法を学ぶ実践データ活用塾

開催報告:数字とロジックで現場を変える!明日から使える分析手法を学ぶ実践データ活用塾

近年収集できるデータの量や種類は爆発的に増えてきており、そうしたデータをどう活用するのかが命題となっています。本セミナーでは、データを活用し、有用な情報にしていただくため、すぐに現場で使える分析の手法やノウハウをご紹介させていただきました。

データ&ストーリー代表、多摩大学大学院客員教授/横浜国立大学・亜細亜大学 非常勤講師 柏木吉基様をお迎えしての特別講演や、お客様事例として、株式会社神戸製鋼所様よりQlikViewを使った現場の可視化についてご講演いただきました。

情報活用への関心は高く、約100名のお客様にご聴講いただきました。また、株式会社神戸製鋼所様の事例やアシストのセッションにてご覧いただいたQlikView/Qlik Senseのデモブースへも多くのお客様にお立ち寄りいただきました。


【特別講演】眠ったデータを価値に変える 職場のデータ活用法!

データは使い方次第で有効な資産になり、業務や事業に多くの価値を生み出します。にもかかわらず、「データは有るけど使ったことがない」、「毎月管理はしているけど、有効に活用しているとは言えない」という職場が多いのが現状です。これでは、せっかく投資したのに使われていない設備と同じです。

講演では、日常の仕事の中でどうデータの価値を掘り出すかをテーマに、「データを仕事に使うことでもたらされるメリット」や「データから価値を引き出すための視点」などを、学術的ではなく実践的な面からご紹介いただきました。

一部の知識やスキルを持った専門家だけが分析をするのではなく、自分の業務の中でデータをどう活用していくのかについて、具体的な例題をもとに「データを比較する際の視点」「変動係数」「相関分析」「回帰分析」の4つの分析手法をお話いただきました。

また、業務でデータ分析を使うことのメリットにも触れ、更に分析をする際には課題を定義し、仮説を設定した後に分析をすること、2つ以上のデータの関係に着目することなどのポイントを教えていただきました。


【お客様事例】課題発見から改善へ。現場が主導する「ものづくり」の可視化

株式会社神戸製鋼所
機械事業部門 機械センター 部品加工室 坂本由介 氏
技術開発本部 システム応用研究室 井筒理人 氏


鉄鋼素材、建設機械、電力卸供給を主な事業とする神戸製鋼所では、2012年度の業績悪化を契機に利益改善策として、本社に体質強化委員会を設置されました。この活動の1つとして、社内の購買実績に基づいた最低購買単価での調達推進が打ち出されましたが、事業部ごとに調達システムが異なる同社にとって、他事業部の購買価格も容易にはわからない状況でした。

QlikViewで各事業部のデータを統合し、可視化することで、同じ業者から購入している物品でも事業部によって購入価格にばらつきがあることがわかりました。これがその後の最低購買単価での購入に繋がりました。

内作加工工場の日程計画、実績管理においては、外注ベンダーの納期達成率向上に活用されました。工程管理では管理指標が頻繁に変化しますが、QlikViewを活用することで、様々な視点からその指標を試行錯誤的に構築することができました。この他にも機械加工の切削条件分析、圧延工程の生産性向上などにも活用しています。

関連製品/サービス

QlikView

QlikViewは、大量データを簡単な操作で自由に分析できるインメモリBIツールです。従来のBIとまったく異なる革新的な分析ツールとして、世界中で注目を集めています。

【製品ご紹介】現場力を最大化!整備すべきデータ活用基盤のあり方とは

株式会社アシスト 尾坂剛嗣

近年、対象となるデータ量の増加やタブレット、スマートフォンなどのハードウェアの性能向上、普及などからエンドユーザが自らデータを分析し、業務の意思決定に活用するセルフサービス型BIが注目を集めています。

セルフサービス型のBIでは、ユーザがより簡単に自由な分析をすることができますが、正しく活用するにはセキュリティの確保や信頼性の高い情報を提供できる仕組みを作ることが重要です。

Qlik Senseは、エンドユーザが必要とするデータや複雑な計算式をIT部門が統制を効かせながら提供します。Qlik Senseを使うと、ユーザ自身が信頼できる業務データを分析し、短期間で現場のアクションに活用できることをデモを交えてお伝えしました。

関連製品/サービス

Qlik Sense

Qlik Senseは、大量データを簡単な操作で可視化し、分析できるインメモリBIツールです。現場のエンドユーザ主導で分析アプリケーションを作成できる、セルフサービス型のデータ分析プラットフォームです。





Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る