TOP>セミナー/イベント>開催報告>ジョブ運用の見える化「千里眼SaaSによる運用のさらなる改善とは」- Hitachi SOCIAL INNOVATION FORUM 2015 -

ジョブ運用の見える化「千里眼SaaSによる運用のさらなる改善とは」- Hitachi SOCIAL INNOVATION FORUM 2015 -

ジョブ運用の見える化「千里眼SaaSによる運用のさらなる改善とは」- Hitachi SOCIAL INNOVATION FORUM 2015 -

ジョブ運用の見える化!SaaSを活用した運用カイゼン

2015年10月30日、株式会社日立製作所が主催する「Hitachi SOCIAL INNOVATION FORUM 2015」が開催されました。アシストより「ジョブ運用の見える化!SaaSを活用した運用カイゼン」と題して、運用現場における情報活用の必要性と、同月1日にリリースした「千里眼SaaS」の利用効果について、デモンストレーションを交えてご紹介しました。

株式会社日立製作所 柴垣 幸広様

セッション冒頭、国内シェアNo.1である統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」の開発メーカーの日立製作所様と、JP1販売実績11年連続No.1の販売パートナーであるアシストの両社の約17年間の取り組みについて、株式会社日立製作所 柴垣 幸広様よりご紹介いただきました。

株式会社日立製作所 情報・通信システム社
ITプラットフォーム事業本部 販売推進本部
担当本部長 柴垣 幸広様

JP1では見えなかったジョブ運用が一目瞭然!
千里眼SaaSによるシステム運用のさらなる改善とは

株式会社アシスト 蝦名 裕史

企業の基幹サービスを支えるジョブマネジメントやシステム監視、これら運用管理業務ではクリティカルな障害対応が最優先とされ、日々のレポート作成や運用改善のための調査/分析は後回しにされがちです。

アシストでは、運用現場で蓄積されているイベントやログ情報の活用に着目し、手軽に分析/レポート化することを目的とした新しいイベント分析基盤「千里眼SaaS」のご提供を2015年10月1日より開始しました。千里眼SaaSは、AWS上に展開された情報分析エンジンに運用イベントを取り込むことで、ブラウザ上でジョブの性能評価や過去のイベント情報を可視化し、運用改善に必要なあらゆるコンテンツを提供するSaaS型の運用イベント分析プラットフォームです。

JP1はシステムの稼働状況をリアルタイムに把握し、重大イベントの発生を即時に検知できる利便性の高いソフトウェアではありますが、過去のイベント情報や傾向を知るには専門的なスキルが求められます。そこで、システム運用現場で必要となるレポート作成や、ジョブ改修のための傾向分析のニーズにお応えするために、JP1ユーザ様の声や運用ノウハウを反映したレポートテンプレートを開発しました。さらに、お客様に独自のレポートを簡単に作成いただくための部品をあらかじめ千里眼SaaSに組み込み提供しています。

このように、千里眼SaaSは、JP1を利用しながら運用改善/最適化に取り組むための手段のひとつとして、お客様にお役立ていただきます。

株式会社アシスト システムソフトウェア事業部
技術統括部 統括部長 蝦名 裕史

アシストの運用ノウハウが詰まった「千里眼SaaS」
操作性は?カスタマイズ性は?デモンストレーションで全容公開!

株式会社アシスト 田中英二

運用管理業務の現場で千里眼SaaSがどのようなケースで活用されるのか、またその操作性やカスタマイズ方法について、デモンストレーションにて解説しました。

千里眼SaaSは、前日までに発生した重大イベント件数や稼働状況を即座に確認し、「システム名」などの項目(軸)を視点として障害事象の絞り込みを行い、傾向分析していくことを想定して開発されたサービスです。

その具体例として、ジョブ管理に特化したレポート画面にて、異常終了率の高いジョブの特定や、キューイング時間の把握など、JP1/AJS3では見え難いジョブ性能に関する情報から評価を実施する流れを実際の画面操作にて説明しました。こうした分析から、ジョブ改修や見直しのヒントを得ることの重要性をお伝えしました。

また、アシストが用意しているテンプレートを表示させてPDF出力するだけで、レポート作成が完了します。レポート表示やデータの絞り込みはすべてマウスクリックのみです。確認したい箇所を直感的に操作して表示できるだけでなく、すでに用意されているアシストの運用ノウハウである項目(軸)を選ぶだけで独自のカスタマイズレポートが簡単に作成することができます。

このように、千里眼SaaSは特別なスキルは必要なく、誰でも簡単に利用することができます。

株式会社アシスト システムソフトウェア事業部
技術統括部技術支援2部 課長 田中 英二

お気軽にお問い合わせください

千里眼SaaSが、JP1をご利用中のすべてのお客様の課題解決や運用改善につながるよう、今後もアシストはシステム運用の最適化に向けてのご提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

関連製品/サービス

千里眼SaaS

千里眼SaaSは、統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」が蓄積したログやイベントをSaaS型BIによって可視化、分析するサービスです。システム障害の予防や人的リソースの効率的な配置など、ITサービスマネジメントの高度化への取り組みと改善活動をサポートします。



Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る