TOP>サポート>新元号への対応について>IBM Cognosの新元号への対応について

IBM Cognosの新元号への対応について

IBM Cognosの新元号への対応についてまとめたページです。

対象製品

IBM Cognos BI 、IBM Cognos Analytics

対応要否

必要

対象バージョン

すべて

詳細

「カレンダータイプ」の和暦表示を使用していない場合は、対応の必要はありません。
必要に応じて、西暦表示に変更してください。

IBM Cognos Analytics については、11.1.3 以降で対応されています。

IBM Cognos BI 10.2.X については、新元号に対する対応はございません。

補足事項

レポート上、「日付」を含む形式で、「カレンダーのタイプ」を「和暦」にすると和暦表示が可能です。



AWSC

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る