TOP>サポート>お知らせ>Adobe Flash Player サポート終了に関する影響 (GeoQlik)

Adobe Flash Player サポート終了に関する影響 (GeoQlik)

Adobe Flash Player サポート終了によるGeoQlikへの影響についてまとめたページです。

対象製品

GeoQlik

対象バージョン

すべて

製品利用上の影響、考慮点

12.0.0.0 以降のバージョンでは設定を変更することで、ブラウザからの参照時に HTML5/JavaScript を利用し、GeoQlik Extension を表示する事が可能です。この場合 Adobe Flash Player は不要です。なお管理コンソールの閲覧には Adobe Flash Player が必要です。また、QlikView Desktop で GeoQlik を利用されている場合にも影響があります。

サポート保守料金への影響有無

なし

メーカーからの案内内容(リンク等)

なし

影響ある場合の対応策

管理コンソールをご利用いただく環境については、Flash をサポートするブラウザのバージョンを使用するか、Internet Explorer を使用している場合は、Windows Updateを無効にする必要があります。
また、QlikView Desktop を利用されているお客様は Internet Explorer Flash プラグインを引き続き使用するために、マシン上で Windows の更新を無効にする必要があります。

補足事項

特になし



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る