TOP>サポート>お知らせ>Adobe Flash Player サポート終了に関する影響 (JP1)

Adobe Flash Player サポート終了に関する影響 (JP1)

Adobe Flash Player サポート終了によるJP1への影響についてまとめたページです。

対象製品

JP1

対象バージョン

V9以降の一部対象製品

製品利用上の影響、考慮点

製品によって異なります。対象製品および影響範囲につきましては、開発元である日立製作所から提供されている以下の情報をご参照ください。
https://www.hitachi-support.com/alert/ss/HWS19-006/index.htm

サポート保守料金への影響有無

なし

メーカーからの案内内容(リンク等)

https://www.hitachi-support.com/alert/ss/HWS19-006/index.htm
https://www.hitachi-support.com/alert/ss/HWS19-006/JP1.pdf

影響ある場合の対応策

対象となる製品をご導入頂いている場合は、対策版への計画的なバージョンアップをご検討頂けますようお願いいたします。
※これに伴い、OS変更が必要になる場合があります。

補足事項

JP1製品の中には、Adobe Flash Playerを前提製品として導入頂く製品があります。対象となる製品をご導入頂いている場合は、計画的なバージョンアップをご検討頂けますようお願いいたします。

対象製品および影響範囲につきましては、開発元である日立製作所から提供されている以下の情報をご参照ください。
https://www.hitachi-support.com/alert/ss/HWS19-006/index.htm

※2021 年以降の Adobe Flash Player 対応版のサポートについて
Adobe Flash Player 対応版の製品を継続使用されている場合も通常サポートで対応いたします。但し、Adobe Flash Player または Web ブラウザに起因する問題、脆弱性の問題等が発生した場合はサポート対象外とさせていただきます。



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る