TOP>サポート>お知らせ>Adobe FlashPlayer サポート終了に関する影響 (Oracle BI)

Adobe Flash Player サポート終了に関する影響 (Oracle BI)

Adobe Flash Player サポート終了によるOracle BIへの影響についてまとめたページです。

対象製品

Oracle BI

対象バージョン

12.2.1.0.0 以降

製品利用上の影響、考慮点

Flash Player の代わりに HTML5 を使用するよう設定ファイルを変更する必要があります。対応を行った場合でも、以下の条件では未対応となります。

・Oracle Business Intelligence 11g
  「カタログ」で「開く」リンクをクリックすると「リンクのコピー 次のものが必要です Adobe Flash Player 」のメッセージが表示される

・Oracle Business Intelligence 12c
  折れ線グラフで値が定数となっている線を Internet Explorer 11 で表示できない。

メーカーで対応中ですが、対応時期は未定です。

サポート保守料金への影響有無

なし

メーカーからの案内内容(リンク等)

・Oracle Business Intelligence 11g
  https://support.oracle.com/knowledge/Enterprise%20Performance%20Management%20and%20Business%20Intelligence/2364190_1.html

・Oracle Business Intelligence 12c
  https://support.oracle.com/knowledge/Enterprise%20Performance%20Management%20and%20Business%20Intelligence/2612107_1.html

影響ある場合の対応策

対応策についてはバージョンごとに弊社 FAQ で公開しております。

FAQ番号:43555 Adobe Flash Playerサポート終了に伴う影響(Oracle Business Intelligence 11g)
FAQ番号:43556 Adobe Flash Playerサポート終了に伴う影響(Oracle Business Intelligence 12c)

補足事項

特になし



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る