TOP>サポート>お知らせ>Apache Log4j脆弱性に関する影響 (CA Privileged Identity Manager)

Apache Log4j脆弱性に関する影響(CA Privileged Identity Manager)

Apache Log4j脆弱性に関するCA Privileged Identity Managerへの影響についてまとめたページです。

対象製品

CA Privileged Identity Manager

対象バージョン

製品利用上の影響、考慮点

PIM・PAMSC(エンドポイント):影響なし
エンドポイント管理:影響なし
SAM:12.8 影響なし、12.9/14.0 影響あり

サポート保守料金への影響有無

なし

メーカーからの案内内容(リンク等)

https://knowledge.broadcom.com/external/article?articleId=230668
https://knowledge.broadcom.com/external/article?articleId=230670

影響ある場合の対応策

対応策については弊社サポートセンターまでお問い合わせいただけますよう、お願いいたします。

補足事項



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る