TOP>サポート>お知らせ>Apache Log4j脆弱性に関する影響 (Progress Corticon)

Apache Log4j脆弱性に関する影響(Progress Corticon)

Apache Log4j脆弱性に関するProgress Corticonへの影響についてまとめたページです。

対象製品

Progress Corticon

対象バージョン

すべてのバージョン

製品利用上の影響、考慮点

影響を受ける可能性があるのはWebConsole機能です。
Corticon StudioやCorticon Server本体は影響を受けません。

WebConsole機能(corticon.war)につきましては、デフォルトのログ出力構成である限りは問題ありません。
JMSAppenderの機能を使用するようにログ出力構成を変更している場合は、JMSAppenderの機能を使用しないようにしてください。

内容に更新がございましたら、弊社サポートサイト(AWSC)内のFAQ(FAQ番号:57416 )にて最新状況を更新しておりますので、ご確認ください。

サポート保守料金への影響有無

なし

メーカーからの案内内容(リンク等)

Apache Log4jの脆弱性に関するプログレス社のレターは以下になります。

https://knowledgebase.progress.com/articles/Knowledge/Is-Corticon-impacted-by-Log4j-vulnerabilities

影響ある場合の対応策

上記、【製品利用上の影響、考慮点】の通り

補足事項



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る