TOP>サポート>お知らせ>Internet Explorer 11 サポート終了に関する影響 (CA Privileged Identity Manager (旧:CA ControlMinder /CA Access Control))

Internet Explorer 11 サポート終了に関する影響 (CA Privileged Identity Manager (旧:CA ControlMinder /CA Access Control))

Internet Explorer 11 サポート終了によるCA Privileged Identity Manager(旧:CA ControlMinder /CA Access Control)への影響についてまとめたページです。

対象製品

CA Privileged Identity Manager(旧:CA ControlMinder /CA Access Control)

対象バージョン

全て※
 ※SAM利用の場合のみ

製品利用上の影響、考慮点

エンドポイント管理をお使いのお客様:影響有り
エンドポイントをお使いのお客様 :影響無し
Shared Account Manager(SAM)をお使いのお客様:影響あり

サポート保守料金への影響有無

ありません。

メーカーからの案内内容(リンク等)

ありません。

影響ある場合の対応策

Internet Explorerのサポート終了後は、SAMでもInternet Explorerがサポートされなくなります。Internet Explorerのサポート終了後は他の対応ブラウザ(Mozilla Firefox、Google Chrome)をご利用ください。

一部、Internet Explorerのみでサポートされている機能(自動ログイン)を引き続きご利用いただく場合は、Microsoft EdgeのInternet Explorerモードでの利用をご検討ください(※)。なお、Microsoft EdgeのInternet Explorerモードでの利用については、メーカ未サポートとなりますので、予めご了承いただけますようお願いいたします。

※弊社では、自動ログインを含むSAMの基本動作に問題がないことを確認済です。

補足事項



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る