TOP>サポート>お知らせ>Internet Explorer 11 サポート終了に関する影響 (Cognos BI)

Internet Explorer 11 サポート終了に関する影響 (Cognos BI)

Internet Explorer 11 サポート終了によるCognos BIへの影響についてまとめたページです。

対象製品

Cognos BI

対象バージョン

10.2.X

製品利用上の影響、考慮点

Cognos BI 10.2.2 をご利用の場合で、IE11サポート終了後、同バージョンでサポートされている他のブラウザをご利用いただくことになります。

スタジオツール /サポートされるブラウザ
Query Stuido /Firefox のみ
Report Authoring /Firefox , Chrome , Safari
PowerPlay Studio /FireFox のみ

※Microsoft Edge Chromium は サポートされておりません。
※Microsoft Edge Chromium は IBM Cognos Analytics 11.2 以降でサポートされています。

サポート保守料金への影響有無

ありません。

メーカーからの案内内容(リンク等)

Query Stuido、Report Authoringのサポートについての記載は以下のサイトでご確認頂けます。
https://www.ibm.com/software/reports/compatibility/clarity-reports/report/html/prereqsForProduct?deliverableId=1391013543612#sw-16

PowerPlay Studioのサポートについては以下のサイトでご確認頂けます。
https://www.ibm.com/docs/ja/cognos-analytics/10.2.2?topic=SSEP7J_10.2.2/com.ibm.swg.ba.cognos.c8pp_inst.10.2.2.doc/c_configurewebbrowsers.html#ConfigureWebBrowsers

影響ある場合の対応策

Internet Explorer 11 以外のサポートされるブラウザをご利用ください。

補足事項



Amsc

※AWSCはアシストサポートセンターの、ご契約ユーザ様専用サイトです。
※AWSCをご利用いただくためには、AID(AWSCへログインするためのログインID)が必要です。
 詳しくは「AWSCの利用方法 」にてご確認ください。

ページの先頭へ戻る